ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

アジア学術セミナー

「生物の多様性に関する総合研究―霊長類学を起点として―」

日時 1999年 7月26日(月)ー 8月 6日(金)

場所 愛知県犬山市 京都大学霊長類研究所


 京都大学霊長類研究所は日本学術振興会(JSPS)との共催で、アジア学術セミナーを開催します。このセミナーは日本を含めアジア諸国から若い研究者や大学院博士課程の学生の参加を求め、サマースクール形式でセミナーを開催し、アジア諸国の研究水準の向上及び研究者の養成に資することを目的とするものです。

 霊長類研究所は、生態学、社会学、系統学、形態学、認知科学、生理学、脳科学、遺伝学、分子生物学、実験動物学、保全生態学等、生物学の多くの学問分野から霊長類の進化を明らかにし、人類の起源を考える事を目的としています。このセミナーでは、それらの多くの分野の最新の研究結果についての講義と、少数の科目に絞っての実習を計画しています。対象は霊長類ですが、研究のコンセプト、研究方法は生物学の多くの分野に応用することが可能と考えます。

 アジアの約10カ国から約25名と、日本から約15名程度の参加を予定しています。したがって講義、実習での公用語は英語です。

 旅費滞在費は日本学術振興会から支給されます。

 参加者希望者には、セミナーの日程の詳細、講義科目、宿泊施設その他の情報を、三月にお送りします。

もっと詳しい情報を希望される方への連絡先

 京都大学霊長類研究所 竹中 修 

 Tel: 0568-63-0577

Fax: 0568-62-9557

E-mail: takenaka@smtp.pri.kyoto-u.ac.jp

霊長類研究所ホームページに戻る

-----------------------------------------------------------------------

Asian Science Seminar on Biodiversity

The Primate Research Institute of Kyoto University is organizing an Asian

Science Seminar funded by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS).

The seminar aims to invite about 25 young staff and students of doctoral

course from Asian countries to promote advances in research among Asian

scientists and students. The theme of the seminar is "Synthetic Studies on

Biodiversity, - Messages from Primatology -".

Staff and students of the Primate Research Institute, Kyoto University, have

been studying the evolution of primates and the origin of humankind from a

variety of scientific fields including biology, ecology, sociology, systematics,

morphology, cognition, physiology, brain science, genetics, molecular biology,

conservation biology. The seminar aims to cover many of the frontiers in these

scientific fields through lectures and practical field and lab courses.

The seminar will be held from the 26th of July to the 6th of August, at the

Primate Research Institute in Inuyama. JSPS will provide support for the

airfare ticket between the home country and Japan (Nagoya) and living expenses

at Inuyama for all accepted participants.

For further information and details, contact Dr. Osamu Takenaka, seminar

organizer.

Dr. Osamu Takenaka

Professor

Primate Research Institute

Kyoto University

Inuyama, Aichi 484-8506, Japan

Tel: +81-568-630577

Fax: +81-568-629557

E-mail: takenaka@pri.kyoto-u.ac.jp

Return to PRI home page