ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-012

ボルネオの野生オランウータンの観察: 巣つくり行動を中心に

報告者:ユ リラ

期間:2010/12/10 - 2010/12/17

The first reason I applied to visit Borneo was because I had a hope to do a field research. In this sense, I should say, the trip to Borneo was a great opportunity to experience and learn how the field work goes in primary forest and in place where various creatures surround you. The second reason, which is the biggest aim of this field trip, was to see wild orangutans. Since I am studying primate痴 cognition, I was always interested in other great apes as well as chimpanzee which is my main subject of study.

一週間の派遣期間の間、マレーシアのサバ州の2か所を訪問した。初期の研究計画としては「巣つくり行動」の観察だったが、観察できた例は唯一ダナム・バレー森林保護地域にあるBorneo Rainforest Lodgeの近くでたった。さらに、以前に巣として使われたものを判別するには、訓練された人の協力が必要なため、研究計画の通りに調査するのは難しいと判断した。したがって、採食行動など様々な行動を含めて、ダナム・バレーの野生オランウータンとセピロクのオランウータンリハビリテーションセンターにいる半野生下のオランウータンを比較観察し、異なる環境による行動の違いを見た。
ダナム・バレー保護区では、野生オランウータンを観察した。アブというフランジオスはロッジの近くに頻繁に訪れたため、彼が最も観察しやすい個体であった。他に、母親と二頭のこどもが一緒にいる場面も見ることができた。次に、オランウータンの孤児のための施設である、セピロクオランウータンリハビリテーションセンターを訪問した。センターでは、プラットフォームBと呼ばれる場所に一日二回、オランウータンのために最小限必要な餌をまいている。森に再導入されたオランウータンのなかで、そこに自発的にやってくる個体を観察した。また、センターのバックヤードでは、二歳の孤児のオランウータンと障害をもったメスオランウータンを間近で見ることができた。セピロクでは、吐き戻しなどの野生下とは異なる行動を見ることができ、興味深かった。また、カニクイザルやブタオザルなどの他の霊長類も同じ森に生息しており、それらも餌を求めてプラットフォームに来ていた。オランウータンと他のサルが同時に共存しており、かれらのインタラクションも見ることができた。


Flanged adult male orangutan (Pongo pygmaeus) called Abu, in Danum Valley


Feeding orangutans on the platform B in Sepilok Rehabilitation Center

AS-HOPE Project<>