ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-017

第40回北米神経科学大会への参加・発表、および神経路選択的な細胞操作法の開発と同法を用いた大脳基底核情報処理機構の解明研究の推進

報告者:井上 謙一

期間:2010/11/13 - 2010/11/17

北米神経科学大会は、神経科学の研究分野において世界で最大の学術集会であり、毎年3万人以上を越す世界各国の研究者が一同に会し、最新の研究成果を発表する。今回のAS-HOPEによる派遣は、我々が近年開発した神経路選択的細胞操作法に関する研究成果を発表することで、その国際的な評価を知り、またその応用等について第一線の研究者達と議論することで、今後の研究に役立てるということを主目的とするものである。

今回我々は「Development in pathway-selective gene expression and cell ablation by using modified lentiviral vectors with retrograde transport in primates」というタイトルでポスター発表を行い、マカクザルにおいて、神経路選択的な遺伝子発現誘導法、および神経路選択的な細胞死誘導法を実現した実験データを報告した。我々の研究分野におけるLeading ScientistであるEdward Callaway教授やBarry Richmond教授など、多くの研究者が発表内容に興味を持ってくれたため、研究をより発展させうる大変有意義な議論を行うことが出来た。また、他の最新の研究成果の情報収集を行い、我々の研究の世界的な位置づけを知ると共に、今後の研究に関する多くのアイディアを得た。







AS-HOPE Project<>