ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-029

東南アジアに生息する霊長類の採食生態の調査

報告者:辻 大和

期間:2010/10/16 - 2010/12/18

申請者は2000年よりニホンザルの採食生態の研究を行っている。ニホンザルは、環境の時間的変動に対して非常に可塑性をもつが、このような行動的な形質は、温帯という環境に適応するために、進化の過程で備わったものである可能性がある。その仮説を検証するためには、熱帯地域に生息する近縁種を対象に同様な調査を行う必要がある。
来年度以降に、本調査を開始し、かつ期間内で確実に成果を上げるためには、1) 調査地へのアクセス、2) サルの慣れ具合、3) サルの観察のしやすさ、4) 調査費用の安さ、5) 現地研究者との協力体制、6) 治安の良さなどを事前に確かめ、かつ現地の研究者と来年度以降の調査に向けた打ち合わせを行う必要があり、今回の派遣を申請した。

10/17-11/16はインドネシアに滞在し、スラウェシ島およびジャワ島の3か所の調査地(カレンタ保護区、タンココ保護区、パガンダラン国立公園)を訪問した。カレンタ保護区ではムーアモンキーを、タンココ保護区ではクロザルとスラウェシメガネザルを、パガンダラン国立公園ではシルバールトンとカニクイザルをそれぞれ一週間程度観察した。
11/17-11/30はタイに滞在し、2か所の調査地(カオヤイ国立公園、カオクラクップ自然保護区)を訪問した。カオヤイ国立公園ではブタオザルとシロテテナガザルを、カオクラクップ自然保護区ではベニガオザルをそれぞれ一週間程度観察した。
12/1-12/16はベトナムに滞在し、2か所の調査地(サオラ自然保護区、バクマ自然保護区)を訪問した。いずれの調査地でもドゥクラングールの調査を試みたが、残念ながら直接観察はほとんどできなかった。
なお、10/27にマナド大学(インドネシア・スラウェシ島)で開催された国際シンポジウムにおいて招待講演を行った。


Silvered lutung (Trachypithecus auratus)


Pig-tailed macaque (Macaca nemestrina)


Stump-tailed macaque (Macaca arctoides)

AS-HOPE Project<>