ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-G005

ポケゼミ「チンパンジー学実習」OB/OG生による野生オランウータン観察実習

報告者:植田 想

期間:2010/12/10 - 2010/12/17

大型類人猿の認知能力を理解するうえで、その生態や行動を知ることは欠かせない。野生下および飼育下オランウータンの行動を観察するため、ボルネオ島マレーシア領サバ州へ一週間渡航した。本渡航の目的は、野性下のオランウータンの行動と、オランウータンが暮らす森の様子を見ることで、大型類人猿への興味と理解を深めることである。

ダナンバレー保護区では、野生オランウータンのフランジオス1個体と母子3個体の計4個体を見ることができ、採食し、休息し、ベッドを作る様子を観察した。特に、果実を採食する様子は間近で観察することができたが、果実の比較的少ない雨季であった為か、四日間の間、目撃したのは全て同じカキ科の果実だった。また、原生林をガイドについて歩くことで、レッドリーフモンキー、テナガザルといった他の霊長類を含め、多くの動植物を見ることができ、熱帯雨林の生態系を体感することができた。
セピロクのオランウータンリハビリテーションセンターでは、森へ導入後のオランウータンがプラットフォームで食事をする様子を二度観察し、バックヤードにいる子どもたちの様子を見学した。野生下と比べ他個体や人間との距離が非常に近く、吐き戻しなどの野生下では見られない行動が見られた。


昼寝中の野生フランジオス、ダナンバレー保護区にて


プラットフォームでバナナを食べる子どものオランウータン
セピロク・オランウータンリハビリテーションセンターにて


AS-HOPE Project<>