ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-G011

京都大学ブータン友好プログラムに参加するため

報告者:仲澤 伸子

期間:2011/01/23 - 2011/01/30

ブータンの人々、文化、歴史、自然について現地で学ぶために、派遣先での研究を必要とした。

ブータン地質測量所では2009年におきた地震の被害について聞いた。住宅局では日本とブータンの生活や住宅事情を比較しつつお話をしていただいた。日本とブータンのGDP、GNHを比較して、「お金は大切だが、全てではない」とおっしゃっていた。この言葉がとても胸に残っている。キチュ・ラカン、パロ・ゾン、プナカ・ゾン、タシチョ・ゾン等のゾン、ラカンも訪問した。そこでは、そのゾン、ラカンの歴史。ブータンで広く信仰されているチベット仏教の教え。描かれている絵の意味。そしてそれぞれの仏像が意味するところなどをきいた。農村では実際にある家庭を訪れ、アラという焼酎をご馳走になった。またその料理のむせ返るような匂いを体験した。おそらく大量に唐辛子を使っていたためと考えられる。ゾンカ語発展委員会では国語であるゾンカ語を広めるための事業についてお聞きした。王立ブータン大学とは、京都大学との交換留学などをとおして交流していきたいと考えている。農林水産大臣、文部科学大臣からは、その立場から見たブータンについて、またGNHについてのお話を聞いた。


ブータンの子供達


王立ブータン大学の校長先生と岡田隊長


市場

AS-HOPE Project<>