ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-031

ガーナの野生ケーンラットの基礎生態と、生態系における他種との相互作用の地域間比較

報告者:伊藤 亮

期間:2010/10/05 - 2010/11/05

本渡航の目的は、ガーナ大学と共同で進められているプロジェクトの一環として、野生動物の研究を行うことであった。派遣研究者の分担する研究は、野生動物の行動や基礎的な生態に関する研究である。そのため、本研究者はガーナに渡航して、実際に野生動物や生息環境を調査し、調査環境を確認する必要があった。

ガーナ国内で、アンカサ厳正保護区、モレ国立公園、カクム国立公園、ブイ国立公園、シャイヒルズ資源保護区、ブアベン-フィエマサル保護区、ウェチャウカバ保護区の7ヶ所の保護区を訪問した。各保護区において、野生動物の目視、巣や活動痕、足跡、糞などから生息状況を推測して環境評価を行った。また、これらの保護区の中で、安全性と利便性の面から、今後、調査が現実的に可能であると考えられる調査地を選定した。その結果、調査地として現実的である保護区は、モレ国立公園、カクム国立公園、シャイヒルズ資源保護区の3ヶ所であった。モレ国立公園は、ツチブタが多く生息するサバンナであり、ツチブタの巣や活動痕、足跡などが多数確認された。カクム国立公園は、熱帯雨林であり、ヤマアラシ、センザンコウ、キノボリハイラックスなどが多く生息することを確認した。シャイヒルズ資源保護区では、ケーンラットの食痕を確認した。


Mole国立公園で発見したツチブタ(Orycteropus afer)の巣。
Mole国立公園では、ツチブタの巣や活動痕が多数見つかったため、
ツチブタの生息密度が高いことが予測される。


Ankasa保護区で発見したアフリカフサオヤマアラシ(Atherurus africanus)の足跡。
Ankasa保護区やKakum国立公園などのガーナ南部の降雨林では、
ヤマアラシやキノボリセンザンコウ(Manis tricuspis)が多く生息する。

AS-HOPE Project<>