ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-22-G014

DNAを用いたWhite-headed langurの調査・教育

報告者:大本 育実

期間:2011/03/11 - 2011/03/18

White-headed langurおよびその生息環境について、DNAバーコーディング法を中心とした動物・植物の状況調査と研究打ち合わせ、及び京大学部生と北京大学側の教育活動を行い、保全活動の基礎資料とすると共に、双方の研究発展を目指すため。

今回の野外調査では、中国南部の広西チワン族自治区にのみ生息する葉食のサルである、white-headed langurの生態観察とサンプル採取を行った。調査は北京大学崇左生物多様性研究基地において行われた。この研究基地の研究員の研究によって、観察対象の群れのwhite-headed langurの活動パターンがわかっていたため、そのパターンに沿って観察を進めた。朝早く起き、サルが起床する様子を間近で観察した。日中は群れの生活している山を歩きながら、サルを発見するたびに、その行動の観察や、食べている植物の採取、サルの糞の採取を行った。採取したこれらのサンプルを日本に持ち帰り、DNAバーコーディングという方法を用い、植物の同定などを行う計画である。この研究基地では、サルの寝床の近くにあるタワーにビデオカメラが設置されているため、雨の日はそのカメラを用いてサルの様子の観察をした。White-headed langur の子供はその体毛が赤いのが特徴である。私はそのことに興味を持ち、何故赤いのか、外敵に襲われやすいなどの危険はないのか、などといったことを中心に、研究所の方とディスカッションをした。野生生物の様子をこのように間近で観ることができた上に、サンプル採取の方法など実際体験して学ぶことができて、とてもよい経験になった。


白頭葉猴の採食活動


白頭葉猴が採食している植物の同定



Pan 教授ら共同研究者と



白頭葉猴の親子達


AS-HOPE Project<>