ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-23-G003

DNAを用いたWhite-headed langurの調査・教育

報告者:小泉 敬彦

期間:2012/3/17 - 2012/3/24

 野生のサルの研究と保護を目的として設置された数少ない施設であるCBRIを訪れることで、フィールド調査を体験するとともに、野生のサルの生態などを観察するため。また、現地に特有のカルスト地形における植生を観察するため。

 今回の調査地である崇左では、特有のカルスト地形が見られる。今回の研究では植物の共生関係を主要なテーマとして設定した。石灰岩から成るカルストはCaCO3を多く含み、CaCO3の溶出によりCaイオンの濃度の高い土壌組成となる。しかし、こうした生育に厳しい環境下においても植物は生育している。調査地では安定して生育が維持されているゆえ、植物は何らかの共生関係を結んでいることが示唆される。今回の調査では、植物が共生関係によって安定した生育を維持しているという仮定のもとに、植物種の同定と根のサンプルを採取した。今後これらの材料に基づいて解析を進めようと考えている。また、一般に石灰岩地に生育する植物はCaイオンの要求性が高いことが知られているため、現地に生息する植物食性のwhite-headed langur の栄養摂取にも何らかの関係性が見いだされる可能性がある。


White-headed langur


The plant established at limestone

AS-HOPE Project<>