ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-23-G014

ポケゼミ「チンパンジー学実習」OB/OG生による野生オランウータン観察実習

報告者:山本英実

期間:2011/11/22 - 2011/11/29

 ポケゼミ「チンパンジー学習中実習」を通して、霊長類研究所にてのチンパンジーの観察を行った際に霊長類、そして霊長類研究に抱いた興味・関心を高めることが目的である。興味・関心を高める方法として、実際に野生の中にいる霊長類を観察して、野生の霊長類というものを全身で感じるとともに、霊長類研究のフィールドワークとはどういったものなのかを知ることができる。また霊長類の中でも、行動面において観察しやすいオラウータンは、初心者の我々学生には観察しやすい対象である。今回は2回目の参加であるので、目的をもって、オランウータンの観察を行うことが個人的な目的であった。

 2011年11月22日から29日の8日間のうち、11月23日午後から28日午前までの6日間、マレーシアサバ州のダナンレー自然保護地域においてオランウータンを中心に、各種の動植物の観察を行った。雨期であったために、ほぼ毎日天候には恵まれなかったが、6日間ともオランウータンを直接観察することができた。第1回目に観察できたフランジの雄Abu、母親Beth、その子どもKhay、Romに加えて、今回は母親Sumi、その子どもYamato、Kimi、おとなの雌Una、名前未確認の子どもを観察することが出来た。親子のインタラクション、ビントロンという非オランウータンとのインタラクション、ネスト作りの始終、採食行動(特に樹皮の引き裂き方)、樹間移動、地面上の移動を観察することが出来た。また、オランウータンの他にも、ギボンやレッドリーフモンキー、昆虫から植物にいたる、多様な動植物の観察も行った。


参加学生と現地の研究チームのオランウータン観察


11月25日 Khayの採食行動

AS-HOPE Project<>