ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-23-G020

タイ霊長類の形態学的多様性および保護の現状調査

報告者:藤本 俊平

期間:2011/9/5 - 2011/ 9/13

 主に、アムナッチャルン県パナ市の寺院におけるカニクイザルの頭部に見られる毛の生え方のタイプ分け、(丸いもの、一本角の様にとがったもの、例外として渦を巻いた様なもの)、及びこの特徴の親から子への遺伝の有無、各タイプの存在比率の概要を調査した。  上記の3つのタイプを丸型(写真-1左)、角型(写真-1中)、および渦型(写真-1右)と称すこととする。十分な時間が与えられなかったため、正確な数値ではないが、パナ市の寺院でカニクイザル100頭以上を調査した結果、丸型が約35%、角型が約65%、渦型が約2%存在していた。またこの寺院には3つの大きなグループが存在しており、丸型が多いグループ、角型が多いグループなどわかれているように思われた。親子間の特徴の遺伝の有無に関しては、この特徴は形質として遺伝する、というのが私の推論である。今回が現地での初の調査であるため、父親の特定はできないが、多くの場合、母子の特徴は一致していた(写真-2)。  


Phana市で見られたカニクイザルの頭部の毛の生え方。左:丸型、中:角型、右:渦型。


Phana市で見られたカニクイザルの頭部の毛の生え方は母子で似通っている。

AS-HOPE Project<>