ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-24-011

野生チンパンジーの文化的行動の発達過程

報告者:西江 仁徳

期間:2012/9/11 - 2012/11/9

 本研究の目的は、野生チンパンジーの文化的行動の多様性とその獲得過程について、詳細な行動観察から明らかにすることにある。派遣先であるタンザニア・マハレ山塊国立公園は、1960年代から野生チンパンジーの調査研究が継続されているため、基礎データの蓄積が十分にあり、またチンパンジーも観察者によく慣れており、野生チンパンジーの詳細な行動観察にはもっとも適したフィールドであるといえる。申請者はこれまで当該派遣先での調査をおこなってきており、継続的に行動発達の縦断的データを収集する必要があるため、タンザニア・マハレへの派遣を申請し、野外調査を実施した。

 申請者は、2012年9月〜11月にかけて、タンザニア・マハレ山塊国立公園に生息する野生チンパンジーM集団を対象に野外調査をおこなった。本研究では、道具を使用した昆虫食行動である「オオアリ釣り」行動、出会いの場面でよくみられる「挨拶」行動、求愛誇示とされる「リーフクリッピング」行動について、行動の生起場面における社会的相互行為を詳細に観察・記録することを目的として、アドリブサンプリングと終日個体追跡を併用して観察をおこなった。オオアリ釣り行動については、アリ釣り場となる樹木個体が、2002年の調査時と同一樹木個体が2012年現在でも複数の場所で利用されていることや、新たに集団に移入してきたメスが移入初期からアリ釣りをしていることなど、新たな基礎データを蓄積することができた。挨拶行動とリーフクリッピングについては、相互行為場面における詳細な行動データが蓄積できた。


パントグラント


パントグラント

AS-HOPE Project<>