ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-24-020

American Society of Human Genetics 年次会議への参加及びポスター発表

報告者:原 暢

期間:2012/11/5 - 2012/11/11

 アメリカ人類遺伝学会 (ASHG)の年次会議は世界最大規模の研究会議で、シンポジウム, 口頭発表、ポスター発表と合わせて4000近い演題の発表が行われる。この会議への参加は世界の研究の流れや最新の研究成果、最新の遺伝子・ゲノム解析などの方法を知るために重要である。そのため、本学術集会に参加することは、関連する最新の研究成果を見聞するとともに、自分自身の研究成果を第一線の研究者達と議論し、今後の研究方向を定め、推進する上で大きな意義があると考えられる。

  カリフォルニアにて開催された第62回アメリカ人類遺伝学会年次会議において、「Possible genomic impact of SVA retrotransposon in humans similar to that in gibbons.」というタイトルでポスター発表を行った。内容は、西フーロックテナガザルのセントロメアでヒト上科特異的な転移因子が増幅していることの報告である。発表の際には様々な研究者と有意義な議論を行うことができ、それに加えて、他の研究者による転移因子やセントロメアなどに関する研究を見聞し、最新の知見を得ることができた。特に、Duncan Odom 博士 (キャンサー・リサーチUK)による転移因子と転写因子の関連に関する発表は、転移因子の研究動向として大変重要なものであった。また、遺伝学教育に関する発表もあり、様々な面で有益な情報を得ることができた。








My poster


AS-HOPE Project<>