ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

English report

AS-HOPE 事業報告

事業番号:AS-24-G003

オランウータンの観察

報告者:川口 ゆり

期間:201/11/19 - 201/11/27

進化的にヒトに近縁な大型類人猿の一種である、オランウータンを観察することはヒトの起源を知るうえで、重要な手がかりとなりうる。しかし、日本で行動が観察できるのは飼育下の個体に限られ、野生の個体が示す姿とはかなり異なっている。また、現在ボルネオでは、油やしのプランテーションにより急激に熱帯林が破壊され、オランウータンは住処を奪われている。現地で実際にオランウータンが暮らしている環境を観察することで、オランウータンの行動やフィールドワークの手法を学ぶだけでなく、ボルネオの現状を知り、今後とられるべき対策を考える材料とするため、今回の研究を必要とした。

 ボルネオのダナムバレー自然保護地域において、野生類eino ion of prangutan オランウータンを中心に野生動物の観察を行った。午前・午後ともトレッキングを行い、夜はナイトウォーク、ナイトサファリを行った。トレッキングでは、ほぼ毎日オランウータンを観察することができた。単に、採食や移動の様子を確認するだけではなく、母子関係を見ることもできた。また、特定の母子を追跡することで、ネストを作る様子も確認することができた。さらにオランウータンだけでなく、ブタオザルやレッドリーフモンキー、テナガザルなどほかの霊長類や、サイチョウやマメジカなどがみられた。ナイトウォーク、ナイトサファリではパームシベットやムササビなど、夜行性の動物を中心に昼間とは違った動物を見ることができた。今回の調査を通して、オランウータンの行動について理解が深まっただけでなく、熱帯林の動植物の多様性を目の当たりにし、フィールドワークの意義や魅力を実感した。










AS-HOPE Project<>