最終更新日
2017/08/01

新しいサル像をめざして -------施設からセンターへの30年

Last Update 2003/06/24

目次

発刊のご挨拶(松林清明)

発刊によせて (小嶋祥三)

人類進化モデル研究センターの役割と将来計画 (文責:松林清明)

センターの沿革 (文責:松林清明)

施設運営費の変遷(集計:梅田恵子、梅村真理子)

研究報告など

創出育成研究領域における研究ー繁殖システムの検討ー (松林清明)

チンパンジーの繁殖計画 (前田典彦、熊崎清則)

飼育下のニホンザルの身体成長ー飼育様式による差異についてー (鈴木樹理)

健康統御研究領域における研究 (景山節)

サル類疾病に関する細菌・ウイルスの遺伝子検査 (小笠原麻美、景山節)

細菌検査1990-1000 (松林伸子)

屋内飼育ニホンザルの血液および血清生化学生理値と加齢変化 (三輪宣勝、他)

霊長類における活性酸素生成・消去系酵素の分子生物学的研究 (福原亮史)

哺乳類の胃内ペプシノゲン構成ー有袋類から類人猿までー (成田裕一)

飼育下霊長類の福祉に向けてー生命倫理研究領域ー (上野吉一)

霊長類の自己治療行動研究とサルの飼育ー行動形成研究領域ー (マイケル・ハフマン)

霊長類研究所における飼育動態 (後藤俊二)

過去15年間の臨床ー疾患と診療ー (加藤朗野、橋本ちひろ)

アジルテナガザル2頭の人工保育 (加藤朗野)

リスザルの人工保育 (松林伸子)

飼育下のサルの飼料 (阿部政光)

霊長類個体管理システムまでの道のり (前田典彦)

所内・共同利用研究におけるサル使用頭数の変化 (釜中慶朗)

 

研究業績報告(1983~2000)

センター職員一覧

編集あとがき

裏表紙


裏表紙ロゴデザイン:日本モンキーセンター 中村美千夫