最終更新日
2017/08/01
English

宮部貴子

研究概要 

1)非ヒト霊長類における麻酔・鎮痛に関する研究
サル類を扱う際、麻酔が必要となることは多く、麻酔の質の向上は、動物実験の3Rs(Replacement:代替法の利用, Reduction:使用動物数の削減, Refinement:方法の洗練、苦痛の軽減)のうち、Refinementにあたる配慮であるといえます。質の高い麻酔によって、生体に対する負担を減らし、実験データの精度を向上させ、研究を洗練されたものにできると考えています。現在、サル類における静脈麻酔薬プロポフォールの薬物動態学・薬力学的研究、および痛みの評価法に関する研究をおこなっています。

2)サル類、類人猿の自然発症疾患の研究
飼育下のサル類、類人猿の自然発症疾患について、実際に症例をみている技術職員の臨床獣医師と連携協力しながら、臨床研究をおこなっています。症例についてはできるだけ報告の形にまとめ、発表して残すことで、経験を積み重ねて知識としていくことが大切だと考えています。

3)共同研究
霊長類の健康管理、疾病に関する様々な共同研究をおこなっています。
・テナガザル類の生物地理学的ならびに医生物学的研究
(代表者:遺伝子情報 平井教授)
・チンパンジーの人由来感染症(環境省プロジェクト、~2012年)
・チンパンジーの口腔内の健康に関する研究(鶴見大学、花井教授、桃井教授のグループ)

研究業績

原著論文

Miyabe-Nishiwaki T, Kaneko T, Sakai T, Kaneko A, Watanabe A, et al. (2014) Intracranial arachnoid cysts in a chimpanzee (Pan troglodytes). Primates 55: 7-12.

Sakai T, Matsui M, Mikami A, Malkova L, Hamada Y, et al. (2013) Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain. Proc Biol Sci 280: 20122398.

Okamoto M, Imai S, Miyanohara M, Saito W, Momoi Y, et al. (2013) Streptococcus troglodytae sp. nov., from the chimpanzee oral cavity. Int J Syst Evol Microbiol 63: 418-422.

Miyabe-Nishiwaki T, Masui K, Kaneko A, Nishiwaki K, Nishio T, et al. (2013) Evaluation of the predictive performance of a pharmacokinetic model for propofol in Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata). J Vet Pharmacol Ther 36: 169-173.

Kooriyama T, Okamoto M, Yoshida T, Nishida T, Tsubota T, et al. (2013) Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captive chimpanzees. Primates 54: 89-98.

Kaneko T, Sakai T, Miyabe-Nishiwaki T, Tomonaga M (2013) A case of naturally occurring visual field loss in a chimpanzee with an arachnoid cyst. Neuropsychologia 51: 2856-2862.

MacIntosh AJ, Huffman M, Nishiwaki K, Miyabe-Nishiwaki T (2012) Urological Screening of a Wild Group of Japanese Macaques (Macaca fuscata yakui): Investigating Trends in Nutrition and Health. International Journal of Primatology 33: 460-478.

Sakai T, Mikami A, Tomonaga M, Matsui M, Suzuki J, et al. (2011) Differential prefrontal white matter development in chimpanzees and humans. Curr Biol 21: 1397-1402.

Miyabe-Nishiwaki T, Masui K, Kaneko A, Nishiwaki K, Shimbo E, et al. (2010) Hypnotic effects and pharmacokinetics of a single bolus dose of propofol in Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata). [corrected]. Vet Anaesth Analg 37: 501-510.

Miyabe-Nishiwaki T, Kaneko A, Nishiwaki K, Watanabe A, Watanabe S, et al. (2010) Tetraparesis resembling acute transverse myelitis in a captive chimpanzee (Pan troglodytes): long-term care and recovery. J Med Primatol 39: 336-346.

Nishio T, Suzuki R, Tsukada Y, Kanazawa H, Okano T, et al. (2009) Aqueous chromatographic system for the quantification of propofol in biological fluids using a temperature-responsive polymer modified stationary phase. J Chromatogr A 1216: 7427-7432.

Miletic G, Driver AM, Miyabe-Nishiwaki T, Miletic V (2009) Early changes in Homer1 proteins in the spinal dorsal horn are associated with loose ligation of the rat sciatic nerve. Anesth Analg 109: 2000-2007.

Miyabe T, Miletic G, Miletic V (2006) Loose ligation of the sciatic nerve in rats elicits transient up-regulation of Homer1a gene expression in the spinal dorsal horn. Neurosci Lett 398: 296-299.

Miyabe T, Miletic V (2005) Multiple kinase pathways mediate the early sciatic ligation-associated activation of CREB in the rat spinal dorsal horn. Neurosci Lett 381: 80-85.

Miletic G, Miyabe T, Gebhardt KJ, Miletic V (2005) Increased levels of Homer1b/c and Shank1a in the post-synaptic density of spinal dorsal horn neurons are associated with neuropathic pain in rats. Neurosci Lett 386: 189-193.

Miyabe T, Nishimura R, Mochizuki M, Sasaki N, Mastubayashi K (2001) Chemical restraint by medetomidine and medetomidine?midazolam and its reversal by atipamezole in Japanese macaques (Macaca fuscata). Veterinary Anaesthesia and Analgesia 28: 168-174.

翻訳

エキゾチック哺乳類の画像診断 -X線の正常像と異常像-
編著:Vittorio Capello,Angela M. Lennox;with William R.Widmer
監訳:三輪恭嗣(みわエキゾチック動物病院)

5 min フェレット
小動物臨床のための5分間コンサルトシリーズ ウサギとフェレットの診断・治療ガイド
編:Barbara L. Oglesbee
監訳:斉藤久美子、三輪恭嗣

その他

宮部貴子 (2010.2) 野外での麻酔 「生き物たちのつづれ織り 第3巻」 (高瀬桃子, 村角智恵編) p.89-90 京都大学グローバルCOEプログラム発行.

宮部貴子 (2009) 京都大学霊長類研究所編、新しい霊長類学「人を深く知るための100問100答」, 247-249,285-287 講談社.

宮部貴子・兼子明久・渡邉祥平・林美里 2008 寝たきりになったチンパンジー、レオ. 科学, 78, 34-35.

林美里・渡邉祥平・宮部貴子 2007 チンパンジーの介護. 科学, 77, 1332-1333.


略歴 

2001年 東京大学農学部獣医学課程卒業 獣医師免許取得
2005年 Ph. D. (Veterinary Science) University of Wisconsin-Madison
2006年 京都大学霊長類研究所 助手
2007年~ 京都大学霊長類研究所 助教
  2011年12月~2012年6月 
  イギリス・リンカーン大学に長期出張(頭脳循環プログラム)
  2012年6月~2013年3月 
  オランダ・フローニンゲン大学医療センターに長期出張(頭脳循環プログラム)