最終更新日
2017/08/01

発表と研究報告

技術職員は、サル類の飼育管理技術の向上や就業環境の改善などを目的として、学会や研究会などに積極的に参加し、それぞれの成果を発表しています。また、研究支援による共著論文も多く出版されています。
技術職員によるこれまでの研究発表や記事などの一部を以下に掲載しました。

2014年度の報告 2013年度の報告 2012年度の報告 2011年度の報告 2010年度の報告 2009年度の報告 2008年度の報告 2007年度の報告 2006年度の報告 2005年度の報告 2004年度の報告 2003年度の報告 2002年度の報告 2001年度の報告 2000年度の報告 

2006年度
原著論文
2006   Takahashi T, Higashino A, Takagi K, Kamanaka Y, Abe M, Morimoto M, Kang K, Goto S, Suzuki J, Kageyama T (2006) Characterization of obesity in Japanese monkeys (Macaca fuscata) in a pedigreed colony. Journal of Medical Primatology 35: 30-37.
学会発表
2006/10   Suzuki J, Goto S, Kato A, Hashimoto C, Miwa N, Takao S, Ishida T, Fukuoka A, Nakayama H, Doi K, Isowa K (2006) Malignant lymphoma associated with simian Epstein-Barr virus infection in a Japanese macaque (Macaca fuscata). The 2nd Symposium on The Asian Zoo and Wildlife Medicine & The 1st Workshop on Zoo and Wildlife Pathology (Oct. 2006, Bangkok, Thailand)
2006/9   Asaoka K, Hayashi M, Kamanaka Y, Suzuki J, Wakita M, Hirayama K, Okamura H (2006) Usage of the network of purine and pyrimidine nucleotides on an embryo-fetus of primate and its DNA chip development. International Roundtable on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids (Sep. 2006, Bern, Switzerland)
2006/7/15〜7/17   鈴木樹理, 後藤俊二, 加藤朗野, 兼子明久, 森本真弓, 熊崎清則, 前田典彦, 松林清明, 松沢哲郎, 磯和弘一 (2006) 腎炎を伴う貧血症チンパンジー乳児の治療と病理解剖・組織学的検索. 第22回霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田)
2006/7/15〜7/17   三上章允, 西村剛, 三輪隆子, 松井三枝, 田中正之, 友永雅己, 松沢哲郎, 鈴木樹理, 加藤朗野, 松林清明, 後藤俊二, 橋本ちひろ (2006) チンパンジー4頭の脳形態の発達. 第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田)
2006/6   淺岡一雄, 早矢仕みか, 釜中慶朗, 鈴木樹理, 脇田真清, 平山幸一, 岡村浩 (2006) 胎児期にヘモグロビンの発現を切り替える転写因子のクローニングと検出. 第7回 Pharmaco-Hematology Symposium (2006年6月, 東京)
2006/6/18〜6/23   Asaoka K, Hayashi M, Kamanaka Y, Suzuki J, Wakita M, Hirayama K, Okamura H (2006) Transcription factors for the switching of globins during embryo-fetus by the analyses of cloning and DNA chips. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Jun. 2006, Kyoto, Japan)
講演
2006/12   宮部貴子, 兼子明久, 渡邉朗野, 鈴木樹理, 松林清明 (2006) 京都大学霊長類研究所における ケタミン麻薬指定に対する取り組み. 第2回霊長類医科学フォーラム(2006年12月, 茨城).