最終更新日
2017/08/01

発表と研究報告

技術職員は、サル類の飼育管理技術の向上や就業環境の改善などを目的として、学会や研究会などに積極的に参加し、それぞれの成果を発表しています。また、研究支援による共著論文も多く出版されています。
技術職員によるこれまでの研究発表や記事などの一部を以下に掲載しました。

2014年度の報告 2013年度の報告 2012年度の報告 2011年度の報告 2010年度の報告 2009年度の報告 2008年度の報告 2007年度の報告 2006年度の報告 2005年度の報告 2004年度の報告 2003年度の報告 2002年度の報告 2001年度の報告 2000年度の報告 

2014年度
原著論文
2014   Miyabe-Nishiwaki T, Kaneko T, Sakai T, Kaneko A, A. Watanabe; S. Watanabe; N. Maeda; K. Kumazaki; J. Suzuki; R. Fujiwara; H. Makishima; T. Nishimura; M. Hayashi; M. Tomonaga; T. Matsuzawa; A. Mikami (2014) Intracranial arachnoid cysts in a chimpanzee (Pan troglodytes). Primates,55,1,7-12.
2014   Okamoto M, Miyazawa T, Morikawa S, Ono F, Nakamura S, Sato E, Yoshida T, Yoshikawa R, Sakai K, Mizutani T, Nagata N, Takano J, Okabayashi S, Hamano M, Fujimoto K, Nakaya T, Iida T, Horii T, Miyabe-Nishiwaki T, Watanabe A, Kaneko A, Saito A, Matsui A, Hayakawa T, Suzuki J, Akari H, Matsuzawa T, Hirai H (2015) Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host. Scientific reports,5,8850.
2014   Hirata A, Hashimoto K, Katoh Y, Sakai H, Bruce G A, Rose T M, Kaneko A, Suzuki J, Nikami H, and Yanai T (2014) Characterization of Spontaneous Malignant Lymphomas in Japanese Macaques (Macaca fuscata).Veterinary Pathology.
著書(分担執筆)
2014   山中淳史(2014)ホッキョクグマ:行動と生態の完全ガイド.アンドリュー E・デロシェール著,ワイン・リンチ写真,坪田敏男,山中淳史監訳,東京大学出版会.
学会発表
2015/1/22〜1/23   宮部貴子、三輪美樹、鴻池菜保、兼子明久、石上暁代、夏目尊好、中村克樹 (2015) マーモセットにおけるアルファキサロンの麻酔効果. 第4回日本マーモセット研究会大会.(2015/1/22-23 犬山)
2014/10/23〜24   外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、神田暁史、印藤頼子、兼子明久、永野昌志、柳川洋二郎、高江洲昇、岡本宗裕 (2014) ニホンザル凍結保存精子の体外受精能. Cryopreservation Conference 2014.(2014/10/23〜24,岡崎)
2014/10/23〜10/24   印藤頼子、外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、兼子明久、岡本宗裕 (2014) ニホンザル卵子のガラス化保存. Cryopreservation Conference 2014.(2014/10/23〜24,岡崎)
2014/9/16〜9/19   南晶子、柳川洋二郎、印藤頼子、兼子明久、岡本宗裕、永野昌志 (2014) ニホンザル(Macaca fuscata)の周排卵期における卵巣およびホルモン動態. 第20回日本野生動物医学会大会.(2014/9/16〜9/19、筑波)
2014/9/9〜9/12   佐藤英次、兼子明久、齊藤暁、山中淳史、鈴木樹理、渡邉朗野、吉田友教、吉川禄助、宮沢孝幸、明里宏文、岡本宗裕 (2014) サルレトロウイルス4型プロウイルス陽性非発症ニホンザルの解析. 第157回日本獣医学会学術集会.(2014/9/9〜9/12、札幌)
2014/8/11〜8/16   Watson C F I, Hashimoto N, Natsume T, Okamoto M and Matsuzawa T.: Two cases of dead infant carrying followed by mother-infant cannibalism in captive socially housed Japanese macaques. the International Primatological Society, (Hanoi, Vietnam, August 11-16, 2014).
2014/5/15〜5/17   外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、印藤頼子、兼子明久、高江洲昇、柳川洋二郎、永野昌志、岡本宗裕 (2014) ニホンザルにおける体外培養系受精卵の作製. 第61回日本実験動物学会総会.(2014/5/15〜5/17、札幌)
2014/5/15〜5/17   信清麻子、印藤頼子、兼子明久、石上暁代、山中淳史、畠山照彦、吉岡みゆき、岡本宗裕、外丸祐介 (2014) ニホンザルにおける卵巣刺激処置の効果について. 第61回日本実験動物学会.(2014/5/15〜5/17、札幌)
2014/5/15〜5/17   外丸祐介、信清麻子、畠山照彦、吉岡みゆき、印藤頼子、兼子明久、高江洲昇、柳川洋二郎、永野昌志、岡本宗裕 (2014) ニホンザルにおける体外培養系受精卵の作製. 第61回日本実験動物学会総会(2014/5/15〜5/17、札幌)
講演
2015/3/20   橋本直子、藤森唯(2014)エンリッチメントやってみようPart3〜どのように評価する?〜.第3回JMC-PRI合同勉強会「動物園学セミナー」.(2015/3/20、犬山)
2015/1/22   森本真弓、三輪美樹、夏目尊好、中村克樹(2014)マーモセットの尾食い等の伝播について.マーモセット研究会チュートリアル「マーモセットの健康管理」(2015/1/22、犬山)
2014/11/7   橋本直子、藤森唯(2014)エンリッチメントやってみようPart2.第2回JMC-PRI合同勉強会「動物園学セミナー」.(2014/11/7、犬山)
2014/7/11   橋本直子(2014)エンリッチメントの基礎と実践基礎編『動物福祉/環境エンリッチメント』.第1回JMC-PRI合同勉強会「動物園学セミナー」.(2014/7/11、犬山)