ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

 

ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)
「ニホンザル」

 

 NBRPは、「ナショナルバイオリソースプロジェクト ニホンザル」を意味する英文の頭文字で、自家繁殖体制による研究用ニホンザルの育成事業である。 文部科学省の研究開発施設共用等促進費補助金(ナショナルバイオリソースプロジェクト)の支援を受けている。 国立生理学研究所の主宰する「ライフサイエンス研究用ニホンザルの飼育・繁殖・供給」の下部課題としての、 「大型飼育施設でのニホンザルの繁殖・育成事業」と位置づけられている。

事業の目的と概要

 霊長類研究所は、 官林キャンパス(第1キャンパス)の東に位置する約76haの土地(第2キャンパス)に、環境共存型の大型放飼場(コロニー)を建設し、 リサーチリソースステーション(RRS)と名づけた。 本事業は、平成19年度に開所したRRSを拠点として、新たな研究用ニホンザルを創出・育成・繁殖し、全国の研究機関に供給することを目的とする。

 この放飼場は2場を1式とし、緑を保全するために一方を休ませ交代して利用する。 ニホンザル本来の社会・生態・行動を維持するため、1区画約5000平米の放飼場に50頭程度の密度で飼育する。 この飼育毋群は雌の比率を高めて年間100頭の繁殖を予定しており、ナショナルバイオリソースプロジェクト計画に添って全国の教育研究機関に供給する。

 これらの供給するニホンザルは、Bウィルスがないだけでなく、赤痢菌、サルモネラ菌、結核菌などもない、安全で安心できるサルである。 他の病原体についても除去を進め、SPFニホンザルとしての完成度を高める。 こうしたSPF化および優良系統の選抜などの基礎研究をおこない、新たな研究用霊長類の創出と育成を進める。

代表機関(生理学研究所)
http://nihonzaru.jp/

分担機関(霊長類研究所)
http://www.nbr-macaque.pri.kyoto-u.ac.jp/

 

 NBRの実施されている第2キャンパスのようすを写真で紹介する。



上空から見たリサーチリソースステーション



手前が管理棟で、奥に1式2場の放飼場が見える