日本哺乳類学会で優秀ポスター賞受賞

2014年9月4日〜7日の日程で、京都大学において日本哺乳類学会2014年度大会が開催されました。
認知学習からは、伊藤が参加し、ポスター発表をおこない、優秀ポスター賞を受賞しました。
○伊藤亮「コモンテンレックにおける他個体の足音を利用した群れの動態と個体の同調性」

4年前に着手した研究で、3年間かかってやっと今回の発表にこぎ着けました。日本哺乳類学会のような、研究材料を対象とした学会は研究者の間では「材料学会」と呼ばれます。日本には他に、霊長類学会、鳥類学会や爬虫両生類学会、昆虫学会などがありますが、「材料学会」は、保全、獣害、自然史、研究手法の発表が多いのが特徴です。近年、哺乳類学会では、形態学や行動学を中心に基礎科学的研究が増え、行動学を標榜する研究者には興味を引かれる発表が多く、有意義な大会でした。

(文責:伊藤)