Nobuo Masataka

 

正 高  信 男

認知学習分野・教授

略歴

1978年 大阪大学人間科学部 卒業

1983年 大阪大学大学院人間科学研究科 博士課程修了(学術博士)

 

研究テーマ

ヒトを含めた霊長類のコミュニケーションの研究

 

 

・・ 業績  平成20年度(2008)以降 ・・

<原著論文>

1) Koda H, Oyakawa C, Nurulkamilah S, Rizaldi, Sugiura H, Bakar A, Masataka N . (2012) Male Replacement and Stability of Territorial Boundary in a Group of Agile Gibbons. Primates 53(4)327-332.

2) Kawai N, Kubo-Kawai N, Kubo K, Terazawa T, Masataka N. (2012) Distinct aging effects for two types of inhibition in older adults: a near-infrared spectroscopy study on the Simon task and the flanker task. NeuroReport 23(14) :819-824.

3) Koda H, Nishimura T, Tokuda TI, Oyakawa C, Nihonmatsu K, Masataka N. (2012) Soprano singing in gibbons. American Journal of Physical Anthropology 149(3), 347-355.

4) Ogawa S, Fukushima-Murata M, Kubo-Kawai N, Asai T, Taniai H, Masataka N. (2012) Variation of Characteristics of Reading and Writing Difficulties in Japanese Children with Learning Disabilities. Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society. 2109-2114.

5) Sato A, Koda H, Lemasson A, Nagumo S, Masataka N. (2012) Visual recognition of age class and preference for infantile features:implications for species-specific vs universal cognitive traits in primates. PLoS ONE 7(5): e38387

6) Masataka N. (2011) Enhancement of speech-relevant auditory acuity in absolute pitch possessors. Front. Psychology 2:101

7) Masataka N, Shibasaki M (2012) Premenstrual enhancement of snake detection in visual search in healthy women. Scientific Reports 2:307
8) Hayakawa S, Kawai N, Masataka N (2011) The influence of color on the snake detection in visual search in young children. Scientific Reports 1:80

9) Masataka N. (2010) Attunement in the perception of affordances as the origin of musical emotions. Physics of Life Reviews, 7, 28-29.

10) Lemasson A, Koda H, Kato A, Oyakawa C, Blois-heulin C, Masataka N. (2010) Influence of sound specificity and familiarity of Japanese macaques (Macaca fuscata) auditory laterality. Behavioral Brain Research, 208, 286-289.

11) Masataka N, Koda H, Urasopon N, Watanabe K. (2009) Free-Ranging Macaque Mothers Exaggerate Tool-Using Behavior when Observed by Offspring. PLoS ONE 4(3): e4768.

 

<総説>

1)    Masataka N. (2009) The origins of language and the evolution of music: a comparative perspective. Physics of Life Reviews  6:11-22.

2)    Masataka N. (2008) The gestural theory of and the vocal theory of language origins are not incompatible with one another. In Masataka (ed.) The Origins of Language, pp. 1-10, Heidelberg: Springer.

3)    Masataka N. (2008) Implication of the human musical faculty for evolution of language.  In Masataka (ed.) The Origins of Language, pp.133-151, Heidelberg: Springer.

 

<著書>

1)    正高信男 (2011) 団塊のジジババが日本をダメにする, 潮出版社. pp197

2)    正高信男 (2010) ゲームキャラしか愛せない脳. PHP研究所.pp181

3)    正高信男 (2009) 天才脳は「発達障害」から生まれる. PHP研究所. pp228

4)    Masataka N. (2008) The Origins of Language, Heidelberg: Springer

5)    正高信男 (2008) ウェブ人間進化論. PHP研究所.pp222

 

<著書(共編著)>

1)    辻幸夫、正高信男 (2011) ヒトはいかにしてことばを獲得したか. 大修館書店. pp225

 

<学会発表>

1)    正高信男 (2009) 人間はなぜ子育てに悩むのか. 第34回日本助産師教育学会 特別講演. (2009年2月13日. 京都)

2)    正高信男 (2008) 人間にとって障害とは何か. 日本LD学会第17回大会 教育講演. (2008年11月24日. 広島)

3)    正高信男 (2008) コミュニケーションとストレス. 第24回日本ストレス学会 シンポジウム講演. (2008年10月30日. 大阪)

4)    正高信男 (2008) ことばの起源と音楽の進化. 第19回音楽教育学会 招待講演. (2008年9月15日. 北九州)

5)    Masataka N. (2008) Origins of “Motionese”. Invited lecture at international congress of Intermodel Action Structuring. (2008.7.14. Bielefeldt, Germany.)

6)    正高信男 (2008) 人間はなぜ子育てに悩むのか. 第61回日本保育学会 記念講演. (2008年5月17日. 名古屋)

 

<講演>

1)    正高信男 (2010) 第7回日本心身医療学会特別講演, 「人間にとって障害とは何か」. (2010年1月17日, 大阪)

2)    正高信男 (2010) 第8回音楽療法学会招待講演, 「音楽の起源」. (2009年12月8日, 浦和)正高信男. (2009) e-ラーニングでの発達障害支援. 高等学校における発達障害支援モデル事業報告会 特別講演. (2009年3月8日. 東京)

3)    正高信男  (2009) e-ラーニングでの発達障害支援. JST RISTEX研究開発成果実装支援プログラム 第1回成果発表会. (2009年2月7日. 東京)

4)    正高信男  (2008) 発達障害とその支援. 小牧市保育師連絡協議会 平成20年度特別講演. (2008年12月5日. 小牧)

5)    正高信男  (2008) ウェブ人間退化論. 東京商工会議所経営者セミナー講演会. (2008年10月30日. 東京)

6)    正高信男  (2008) やる気を育む脳科学. JST「脳科学と教育」公開シンポジウム. (2008年10月4日. 東京)

7)    正高信男  (2008) 多文化共生時代の教育. 平成20年度可児市学校教育研究会 特別講演. (2008年8月25日. 可児)

 

<その他>

1)    正高信男 (2008) 考えないヒト. 富山市民大学記念講演.(2008年4月20日, 富山)

2)    正高信男 (2008) 発達障害とその支援.内面精神医学懇談会.(2008年5月29日, 大阪)

3)    正高信男 (2008) 学習今年を抱える子どもへの学習支援ネットワークづくり. 保健師ジャーナル 64(10). 910-913.

4)    正高信男 (2008) 父性環境と現代日本の子ども. 世界の児童と母性 65. 28-31.

5)    正高信男 (2008) 社会時評. 刑政 2008年4月号. 90-91.

6)    正高信男 (2008) 現代のことば. 京都新聞 2008年4月15日.

7)    正高信男 (2008) 現代のことば. 京都新聞 2008年6月12日.

8)    正高信男 (2008) ヒトの言語の起源を語る. 聖教新聞 2008年7月30日.

9)    正高信男 (2009) 道具としてのIT. 産経新聞 2009年2月14日.

 

・・・・ 連絡先 ・・・・

masataka.nobuo.7r[@]kyoto-u.ac.jp