Shino Ogawa

(過去のメンバー、最終更新2014/3/31)

小川 詩乃

 

【所属】
京都大学 霊長類研究所 認知学習分野
京都大学大学院 理学研究科 博士後期課程3年
日本学術振興会特別研究員 DC1

 

【研究内容】
発達障害児の学習支援、読み書き困難に関わる認知的特徴の解明

様々な子ども達を対象に、読み書きを中心とした学習困難の評価と、それに応じた学習支援の実践を行っています。(プロジェクトとして)独自に支援教材を開発する他、市販されている教材や機器なども活用しながら行っています。子ども達や保護者の方々から様々なことを教わり、共に悩みながら、それぞれの子ども達の持つ課題に一緒に向き合って取り組んでいます。

 

【学歴】
2005年4月 京都大学 理学部 入学
2009年3月 同卒業
2009年4月 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 修士課程 入学
2011年3月 同修了
2011年4月から 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程に在学中

 

【主な業績】
■学術雑誌等(紀要・論文集等も含む)に発表した論文

(査読あり)
Shino Ogawa, Miwa Fukushima, Ayana Tamura & Hiroyasu Ito, “Are children with Developmental Disorders delayed in learning “THEORY OF MIND”?”, PSYCHOLOGIA, Psychologia Society, 52(4), pp235-244, 2009.

Shino Ogawa, Hiroyasu Ito & Nobuo Masataka, “Improving the cognitive skills of
hearing children by short-term intensive sign language training”, PSYCHOLOGIA,
Psychologia Society, 52(4), pp261-266, 2009.

石黒雄大・小川詩乃・近藤万理・田中久美子・田中智・廣澤麻里・松川あおい・梶田学・寺川眞理,クマノミズキとウラジロエノキの結実様式の違いが鳥類の採食樹選択に与える影響,Strix ,日本野鳥の会,27,pp7-17,2011.

Shino Ogawa, Miwa Fukushima-Murata, Namiko Kubo-Kawai, Tomoko Asai, Hiroko Taniai & Nobuo Masataka, “Variation of Characteristics of Reading and Writing Difficulties in Japanese Children with Learning Disabilities” Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, Cognitive Science Society, pp2109-2114, 2012.

船曳康子・廣瀬公人・川岸久也・大下 顕・田村綾菜・福島美和・小川詩乃・伊藤祐康・吉川左紀子・村井俊哉,発達障害者の特性理解用レーダーチャート(MSPA)の作成,及び信頼性の検討, 児童青年精神医学とその近接領域,日本児童青年精神医学会,54(1),pp14-26,2013.

Kohei Tsunemi, Ayana Tamura, Shino Ogawa, Tomoko Isomura, Hiroyasu Ito, Misako Ida & Nobuo Masataka “Intensive exposure to narrative in story books as a possibly effective treatment of social perspective-taking in schoolchildren with autism” Frontiers in Psychology, 5:2, 2014. doi: 10.3389/fpsyg.2014.00002

(査読なし)
Ayana Tamura, Shino Ogawa, Hiroyasu Ito, Sakiko Yoshikawa & Nobuo Masataka.
“Response patterns of children with developmental disorders in interpersonal conflict
situations”. Proceedings of the 15th European Conference on Developmental Psychology,
Medimond International Proceedings, pp155-158, 2012.

Miwa Fukushima-Murata, Shino Ogawa, Tomoko Asai, Hiroko Taniai, Namiko Kubo-Kawai & Nobuo Masataka. “Changes in Reading and Writing Abilities of Japanese Students with Learning Difficulties through Individual Learning Support”, 15th European Conference in Developmental Psychology, Medimond International Proceedings, pp281-288, 2012.

■学術雑誌等又は商業誌における解説、総説
(査読あり)
田島知之・谷口晴香・山梨裕美・大谷洋介・小川詩乃・早川卓志・本郷峻,第23回国際霊長類
学会大会におけるStudent Affairs Workshopを終えて,霊長類研究,27(1),pp57-62,2011.

(査読なし)
吉川左紀子・小川詩乃,発達障害と読み書き支援,こころの未来,京都大学こころの未来研究
センター,7,p38,2011.

■国際会議における発表
(ポスター発表・査読あり)
○Ayana Tamura, Shino Ogawa, Hiroyasu Ito, Sakiko Yoshikawa, Nobuo Masataka. “The
response patterns of children with developmental disorders in interpersonal conflict
situations” 15th European Conference in Developmental Psychology, PSI.108, Bergen,
Norway, August 2011.

○Miwa Fukushima, Shino Ogawa, Ayana Tamura, Hiroyasu Ito, Nobuo Masataka. “Changes in Reading and Writing Aspects of Japanese Children with Learning Difficulties through Individual Learning Support”, 15th European Conference in Developmental Psychology, PSII.104, Bergen, Norway, August 2011.

○Shino Ogawa, Miwa Fukushima-Murata, Namiko Kubo-Kawai, Tomoko Asai, Hiroko Taniai & Nobuo Masataka, “Variation of Characteristics of Reading and Writing Difficulties in Japanese Children with Learning Disabilities”, CogSci 2012, August 2nd-165, Sapporo
(Sapporo Convention Center), Japan, August 2012.

○Tomoko Isomura, Hiroyasu Ito, Shino Ogawa, Miwa Fukushima, Masahiro Shibasaki &
Nobuo Masataka, “The anger superiority effect in children with and without autism”,
CogSci 2012, August 3rd-175, Sapporo(Sapporo Convention Center), Japan, August 2012.

○Shino Ogawa, Hiroyasu Ito, Miwa Fukushima-Murata, Yutaka Kiyonaga, Misako Ida, Yoshinari Fukuba & Nobuo Masataka “Introduction of e-learning software program to the elementary school in Japan”, 4th All-European Dyslexia Conference of the European Dyslexia Association, Växjö, Sweden (Linnaeus University) September 2013.

○Shino Ogawa, Miwa Fukushima-Murata, Namiko Kubo-Kawai, Tomoko Asai, Hiroko Taniai & Nobuo Masataka. “Characteristics of Reading and Writing Difficulties in Japanese Children with Learning Disabilities -from the viewpoint of the Japanese feature-”, IDA Annual Reading, Literacy & Learning Conference (64th Annual Conference for Professionals & 2nd Annual Conference for Families), New Orleans (New Orleans Ernrst N. Morial Convention Center), USA, November 2013.

■国内学会・シンポジウム等における発表
(口頭発表・査読あり)
○船曳康子・廣瀬公人・川岸久也・田村綾菜・福島美和・小川詩乃・村井俊哉,発達障害者用
特性評価スケールの評価者枠の拡大・普及についての検討,第52回日本児童青年精神医学会総会, O11-5,徳島(あわぎんホール),2011年11月

○小川詩乃・井田美沙子・田村綾菜・伊藤祐康・吉川左紀子,広汎性発達障害児における物語
理解の困難をもたらす要因の検討,第53回日本児童青年精神医学会総会,O22-1,東京(シェーン バッハ・サボー[砂防会館]),2012年11月

(口頭発表・査読なし)
○小川詩乃,読み書きに関わる認知能力の評価(2)視覚情報処理過程(自主シンポジウム「読み 書き困難に関わる認知機能の評価方法とその実践~特徴に応じた支援を考える~」における発表) , 日本LD学会第20回大会,J-16,東京(跡見学園女子大学),2011年9月

森崎礼子・○小川詩乃,支援者の働きかけに関する検討(ラウンドテーブル「発達障害児への発達支援がもたらす効果の多角的検討」内での話題提供),第23回日本発達心理学会,RT5-4,名古屋(名古屋国際会議場),2012年3月

○小川詩乃,読み書き困難に関わる認知的特徴と実際の支援~アセスメント結果と実態の乖離~(ラウンドテーブル「発達障害児を対象とした支援と研究の両立を考える」内での話題提供),日本発達心理学会第24回大会,RT1-1,東京(明治学院大学),2013年3月

○小川詩乃,子どもへの支援を通した保護者との関わり(ラウンドテーブル「発達障害児を持つ保護者にとっての支援を考える」内での話題提供),日本発達心理学会第25回大会,RT5-1,京都(京都大学),2014年3月

(ポスター発表・査読あり)
○田村綾菜・小川詩乃・伊藤祐康・吉川左紀子,発達障害児におけるP-Fスタディの反応の縦断
的検討,第53回日本児童青年精神医学会総会,P12-2,東京(シェーンバッハ・サボー[砂防会館] ),2012年11月

(ポスター発表・査読なし)
○小川詩乃・伊藤祐康・福島美和・正高信男,発達障害児の『心の理論』の習得の遅れの検討
,日本LD学会第18回大会,PD-40,東京(東京学芸大学),2009年10月

○小川詩乃・伊藤祐康・正高信男,短期的手話集中トレーニングによる健聴な児童の認知能力
の促進,日本基礎心理学会第28回大会,5-128,東京(日本女子大学),2009年12月

○小川詩乃・福島美和・田村綾菜・正高信男,発達障害児の直示動詞の理解と心の理論の関連
,日本発達心理学会第21回大会,P6-065,神戸(神戸国際会議場),2010年3月

○福島美和・小川詩乃・正高信男,発達障害児の読み書き学習支援と問題行動の変化~CBCL/4 -18を用いた検討~,日本LD学会第19回大会,P-194,愛知(愛知県立大学),2010年10月

○小川詩乃・福島美和・正高信男,発達障害児の社会的認知に関する多角的検討~『テスト返
却』場面の社会的認知課題を用いて~,日本LD学会第19回大会,P-218,長久手(愛知県立大学) ,2010年10月

○小川詩乃,発達障害児の直示動詞の理解と心の理論の関連,第6回犬山比較社会認知シンポジウム,13,犬山(京都大学霊長類研究所),2010年12月

○磯村朋子・伊藤祐康・小川詩乃・正高信男,自閉症児の情動処理過程における注意駆動様式
の分析,2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ,脳と心-133,神戸(神戸国際会議場)
,2011年8月

○磯村朋子・伊藤祐康・小川詩乃・正高信男,自閉症児における視覚探索研究?情動とグローバ
ルキュー・ローカルキュー,第35回日本神経心理学会総会,1E-05,宇都宮(栃木県総合文化セン ター),2011年9月

○小川詩乃・福島美和・正高信男,発達障害児における読み書き困難特性のばらつき,一般社団法人日本LD学会第20回大会,P-32,東京(跡見学園女子大学),2011年9月

○小川詩乃・清長豊・井田美沙子・伊藤祐康・村田美和・福庭由也・正高信男,学校現場におけるICT教材を使った読み書き支援の実践,日本LD学会第21回大会,P-155,仙台(仙台国際センタ ー),2012年10月

○小川詩乃・山田智子・柴崎全弘,ストループ効果による視覚単語認識テストの開発 ―読み書き障害の認知特性評価を目指して,日本発達心理学会第25回大会,P2-036,京都(京都大学),2014年3月

■その他
(企画・共催)
「発達障害の療育:オープンハウス」共催(療育成果について口頭発表及びポスター発表),
京都(京都大学こころの未来研究センター別館),2009年10月・11月

第23回国際霊長類学会大会における学生主催のワークショップ“Student Affairs Workshop”
共催,京都(京都大学百周年時計台記念館)2010年9月

自主シンポジウム「発達障害児の学習支援と心の発達~保護者支援と合わせて~」企画,日本
LD学会第21回大会,J-37,仙台(仙台国際センター),2012年10月

(アウトリーチ活動)〔冊子作成・公開〕
小川詩乃・井田美沙子・清長豊・山田智子(正高信男ら監修),「ことばのがくしゅう」を活
用した学習方法アイデア集,特定非営利活動法人 発達障害療育センター,2012.

小川詩乃(正高信男ら監修),特別支援に使える教材紹介,特定非営利活動法人 発達障害療育
センター,2013.

小川詩乃・井田美沙子(正高信男ら監修),読み書きに関する簡易アセスメント,特定非営利
活動法人 発達障害療育センター,2013.

小川詩乃・井田美沙子・磯村朋子・田中美都・山田智子(正高信男ら監修),「ことばのがく
しゅう」を活用した学習方法アイデア集Part 2,特定非営利活動法人 発達障害療育センター,
2013.