Tomoko Isomura

 磯村 朋子

 

【所属】
京都大学 霊長類研究所 認知学習分野
京都大学大学院 理学研究科 博士後期課程3年
日本学術振興会特別研究員 DC1

 

【研究内容】
自閉症児の認知特性の解明
特に、表情認知や情動知覚に着目して研究を行っています。

 

【学歴】
2006年4月 早稲田大学 教育学部 理学科 生物学専修 入学
2010年3月 同卒業
2010年4月 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 修士課程 入学
2012年3月 同修了
2012年4月から 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程に在学中

 

【主な業績】
■学術雑誌等に発表した論文
Isomura T, Ogawa S, Yamada S, Shibasaki M, & Masataka N.(2014). The effect of Inversion on the Anger Superiority Effect in Children with and without Autism Spectrum Disorders. Journal of Psychological Abnormalities in Children, 3:2

Isomura T, Ogawa S, Yamada S, Shibasaki M, & Masataka N. (2014). Preliminary evidence that different mechanisms underlie the anger superiority effect in children with and without Autism Spectrum Disorders. Frontiers in Personality and Social Psychology 26 May 2014 | doi: 10.3389/fpsyg.2014.00461

〇Tsunemi K, Tamura A, Ogawa S, Isomura T, Ito H, Ida M, & Masataka N. (2013). Intensive exposure to narrative in story books as a possibly effective treatment of social perspective-taking in schoolchildren with autism. Frontiers in Developmental Science, Volume 5, 2014.

Isomura, T., Haraguchi, S., Miyamoto, K., Tsutsui, K., Nakamura, Y., & Nakamura, M. (2011). Estrogen biosynthesis in the gonad of the frog Rana rugosaGeneral and comparative endocrinology170(1), 207-212.

〇Saotome, K., Isomura, T., Seki, T., Nakamura, Y., & Nakamura, M. (2010). Structural changes in gonadal basement membranes during sex differentiation in the frog Rana rugosaJournal of Experimental Zoology Part A: Ecological Genetics and Physiology313(6), 369-380.

 

■学術雑誌等又は商業誌における解説、総説
磯村朋子, 正高信男. “脳の可塑性と学習および発達障害” 作業療法ジャーナル 45.7 (2011): 656-660.

 

■国際会議における発表 (口頭発表)
Isomura T, Masataka N.  “Finding a face in the crowd: Developmental Change of Sensitivity to Threatening Faces in Children with Autism Spectrum Disorders.” IMFAR2013. (2013/05, Spain)

(ポスター発表)
Isomura T, Ogawa S, Masataka N. Cognitive/ Affective Mechanisms Underlying the Anger Superiority Effect in Children with Autism Spectrum Disorders. IMFAR2014  (2014/05, Atlanta, USA)

Isomura T, Masataka N.”Finding a face in the crowd: The anger superiority effect in children with and without autism spectrum disorders.”, IIAS Research Conference 2012 “Evolutionary Origins of Human Mind”.( 2012/12, Kotsugawa)

Isomura T, Masataka N. “Developmental Change of Sensitivity to Threatening Faces in Children with Autism Spectrum Disorders”, 43rd NIPS International Symposium “Face Perception and Recognition”. (2012/11, Okazaki)

Isomura T, Ito H,Ogawa S,  Fukushima M, Shibasaki M, Masataka N.,  “The Anger Superiority Effect in Children with and without Autism”, COGSCI2012. (2012/08, Sapporo)

 

■国内学会・シンポジウム等における発表
(口頭発表)
〇田村綾菜, 小川詩乃, 村田(福島)美和, 伊藤祐康, 磯村朋子, 常深浩平, ”発達障害児を対象とした支援と研究の両立を考える”(ラウンドテーブル),  第24回日本発達心理学会大会(2013/03、東京)

(ポスター発表)
磯村朋子 「自閉症児における怒り顔に対する選択的注意の認知的特徴」 日本発達心理学会第25回大会(2014年3月 京都)

磯村朋子・正高信男 「自閉症児における怒り顔優位性効果の背景にある特殊な認知的処理様式の解明」日本心理学会 (2013年9月、札幌)

磯村朋子 「自閉症児における怒り顔発見の優位性の発達的変化」, 第24回日本発達心理学会大会 (2013/03、東京)

〇磯村朋子・正高信男, 「自閉症児における怒り顔優位性効果の検討」, 日本心理学会第76回大会 (2012/09、川崎)

磯村朋子・伊藤祐康・小川詩乃・正高信男「自閉症児における視覚探索研究?情動とグローバ ルキュー・ローカルキュー」,第35回日本神経心理学会総会 (2011/09、宇都宮) ○磯村朋子・伊藤祐康・小川詩乃・正高信男「自閉症児の情動処理過程における注意駆動様式の分析」,2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ (2011/08、神戸)

 

■受賞歴
〇IMFAR2013, Student Travel Award Isomura T, Masataka N.  “Finding a face in the crowd: Developmental Change of Sensitivity to Threatening Faces in Children with Autism Spectrum Disorders.” IMFAR2013. (2013/05, Spain)

 

■その他 (アウトリーチ活動)
〔冊子作成・公開〕
〇小川詩乃・井田美沙子・磯村朋子・田中美都・山田智子(正高信男ら監修),「ことばのがくしゅう」を活用した学習方法アイデア集Part 2,特定非営利活動法人 発達障害療育センター,2013.

 

【連絡先】
isomura.tomoko.35m[@]st.kyoto-u.ac.jp