統合脳システム分科

統合脳システム分野では、霊長類の中枢神経系の特性を解明することを目的とし、神経ネットワークの構造と機能ならびに、その発達や学習にともなう変化に関する研究を推進しています。

脳を構成する複雑かつ精緻な神経回路(ネットワーク)の枠組みを解明することは、それを基盤にして獲得される多様な脳機能をシステム的に理解する上できわめて重要です。特に、行動の発現・制御機構を解明するためには、大脳を巡るネットワークの基本的構築、すなわち、大脳皮質領域における入出力様式や大脳皮質と強い結合を有する大脳基底核や小脳、視床における情報処理様式を解析し、その動作原理と機能的役割を知ることが本質的です。

本研究室では、神経解剖学的、神経生理学的、および行動学的手法とともに、ウイルスベクターを用いた遺伝子導入技術を駆使して、運動機能や認知機能など、広く行動の発現と制御に関与する大脳ネットワークの構築と機能を解明することを目的としています。

さらに、我々の研究グループでは、パーキンソン病をはじめとする神経疾患や、今後の飛躍的な研究進展が期待される精神疾患の病態解明と新規治療法開発に向けた研究を展開しています。また、これらに関連して、特にニホンザルではゲノム解析や遺伝子発現、マーモセットでは脳の構造と機能に関する基盤的データを集積しています。

統合脳システム分野のページ