霊長類学・野生動物系について

 霊長類学・野生動物系は、霊長類研究所および野生動物研究センター内に置かれる12分科によって構成されます。各分科の研究領域は、分子生物学から生態学まで多岐に渡ります。

 霊長類研究所は、ヒトの由来を解き明かすには霊長類を研究することが必要であるという認識のもと、1967年に発足しました。霊長類の進化とヒトへの道のり、人間性の起源を明らかにすることを目指しており、ヒトを含む霊長類をさまざまな観点から多様な手法を用いて総合的に研究する、国内唯一の研究教育機関です。国内外を問わずフィールドにおける野生霊長類の長期観察や化石発掘など野外調査の長い伝統を持ちますが、同時に、実験室での研究も盛んであり、両者をつなぐ学際的研究も行なわれています。

 野生動物研究センターは、野生動物に関する教育研究を行い、地球社会の調和ある共存に貢献することを目指して、2008年に発足しました。野外の野生動物や動物園の動物を対象とした基礎研究を行うとともに、遺伝学や認知科学の手法を取り入れた学問領域での研究を目指しています。