トップページ
top page
研究概要
Research
メンバー
Member
リンク
Links
霊長類研究所
PRI
English

Member
古市 剛史 教授 ボノボ、チンパンジー、ニホンザルの行動と生態
社会構造の進化
ヒトの誕生と進化の過程
Michael A. HUFFMAN 准教授 霊長類の自己治療行動地域比較研究
文化的行動の伝達機構
スリランカ・インドの霊長類の行動生態学的研究
辻 大和 助教 マカク類とコロブス類の採食生態の時空間変異
霊長類・食肉類による種子散布
霊長類と他種の混群
竹下 小百合
Rafaela Sayuri TAKESHITA
PhD Student (D3) 霊長類における、非侵襲的手法による内分泌状態のモニタリング
霊長類の社会行動とホルモン動態
Himani Nautiyal  PhD Student (D1/PWS Leading Graduate Student L3)  Higher Altitude Central Himalyan Langur behavioural ecology and conservation research
豊田 有 博士課程2回 (学術振興会特別研究員 (DC2)) Socioecological study on sexual behavior and reproductive ecology of Stump-tailed macaques in Khao Krapuk Khao Taomo Non Hunting Area, Thailand., Genetic study on reproductive success of male Stump-tailed macaques by fragment analysis of microsatellite DNA
戸田 和弥 博士課程1回 野生ボノボの父系型社会におけるメスの移籍要因に関連する未成熟個体の社会関係の研究

Josue ALEJANDRO PASTRANA 修士課程2回 Evaluating stress in male Japanese Macaques living in two types of housing conditions

石塚 真太郎 博士課程1年(日本学術振興会特別研究員(DC1)/霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院プログラム履修生(L3)) 「霊長類における隣接複数集団の遺伝学的、行動学的研究」
岡村 弘樹 修士課程1回
Nelson Broche  Masters student (M1/PWS Leading Graduate Student L1)  Saliva as a non-invasive tool for measuring stress in Japanese macaques
柴田 翔平 修士課程1年
横山 拓真 研究生
三浦 久美 分野秘書

Copyright Social Systems Evolution Section all rights reserved.