トップページ | プロフィール  | 業績 | 研究内容  | ヤクザル調査隊  | 写真集  | 講義  |  


Goro Hanya's English Home Page

半谷 吾郎 (はんや ごろう)
京都大学 霊長類研究所 社会生態研究部門 生態保全分野 准教授
メールアドレス: hanya.goro.5z<at mark>kyoto-u.ac.jp


屋久島やマレーシアで、霊長類の生態学を研究しています。


    

左、屋久島、HR群のニホンザル(母親はショコラ、息子はナッチャン)
右、マレーシア・ダナムバレーのオランウータン


新着情報:
2017年5月30日: 研究業績研究内容を更新。指導している大学院生の情報を更新し、新着論文を紹介しました。
2016年4月28日: プロフィール研究業績研究内容を更新。指導している大学院生、研究費の情報を更新し、新着論文を紹介しました。
(新着論文: Seasonally consistent small home range and long ranging distance in Presbytis rubicunda in Danum Valley, Borneo.)
2015年7月15日: プロフィール研究内容を更新。指導している大学院生、研究費の情報を更新しました。
2015年1月15日: 研究業績研究内容を更新。新着論文を紹介しました。
(新着論文: Different roles of seeds and young leaves in the diet of red leaf monkeys: Comparisons of availability, nutritional properties and associated feeding behavior)
2013年12月13日: 研究業績研究内容を更新。新着論文を紹介しました。
(新着論文: Ecosystem impacts of folivory and frugivory by Japanese macaques in two temperate forests in Yakushima)
2013年4月11日: 研究業績研究内容を更新。指導している大学院生、研究費の情報を更新しました。

2012年12月26日: 研究業績研究内容を更新。新着論文を紹介しました。
(新着論文: Fruiting and flushing phenology in Asian tropical and temperate forests: implications for primate ecology)
2012年11月26日: 研究業績研究内容を更新。新着論文を紹介しました。
(新着論文: Linking feeding ecology and population abundance: a review of food resource limitation on primates)
2012年9月10日: 研究業績研究内容を更新。指導している大学院生の情報を更新し、新着論文を紹介しました。
(新着論文: Functional response to fruiting seasonality by a primate seed predator, red leaf monkey (Presbytis rubicunda).)
2012年4月20日: 分担執筆した「新・霊長類学のすすめ」が丸善出版から出版されました。研究業績を更新。
2012年3月20日: 第5回日本生態学会大島賞を受賞しました。選考理由 ヤクザル調査隊のホームページに受賞講演受賞式の写真があります。




生態保全分野のホームページに戻る
京都大学霊長類研究所のホームページに戻る


<文責: 半谷吾郎 (hanya<atmark>pri.kyoto-u.ac.jp)>
<問い合わせ先: 半谷吾郎 (hanya<atmark>pri.kyoto-u.ac.jp)>
<最終改変日: 2017年5月30日>