Nishimura_lab.
■ 言語の起源を探る
ヒトの進化
chimpanzee_MRI
「昨日の試合、見たか?
「ああ、見た見た...散々やったな。」
「例年通りやな。」
「まぁな...、今年も終わったな....。」
    左上写真は毎日新聞社・平田明浩氏撮影

なんて会話をしたことありませんか?わたしたちヒトは、 これくらいの会話なら日ごろさらりと(重苦しく?)やり取りしています。ふつう「言語」というと、こういった「話しことば」によるやりとりをイメージします。しかし、こんな簡単な話しことばも、他の霊長類には到底まねのできないヒト特有の能力です。ヒトは、1息の「短い間」でも「多くの音」を「連続的に」作り出しています。1息に1音ずつ作っていては、まったく話しにならないでしょう。音声は、肺やのど、舌、口などの音声器官の運動により作られる物理現象です。ヒトの話しことばは、長い霊長類の進化の過程で、音声器官がさまざまな適応を積み重ねて、話しことばに適した形態や運動を獲得した産物です。私たちは、肉眼解剖や磁気共鳴画像法(MRI)、音声行動実験などさまざまなアプローチで、ヒトと他の霊長類の音声器官の形態や運動を比較して、ヒトの音声器官の形態学的特徴や運動能力の特殊性を明らかにし、それらがどのように獲得されたのかを研究しています。 なぜ、どのようにヒトの言語が進化したのかを知ろうとしています。

認知学習分野思考言語分野人類進化モデル研究センター、龍谷大学徳田研究室 等と共同で研究を進めています。

■ 眼窩構造の進化
−真猿類の起源と進化−

primates_CT
サルは視覚が発達しているといいますが...
    上はティティ、右はヨザル、下はオマキザル

ヒトの進化では言語(口)の進化が注目されますが、真猿類の進化では眼です。霊長類は、大別して真猿類と原猿類の2つのグループに分けられます。真猿類では、眼球が納まる眼窩が、ソケットのような形になって眼球を包み込んでいるのに対して、原猿類ではリング状の枠があるだけで眼球をしっかり包み込む構造がありません。真猿類は、このソケット状の眼窩が発達したおかげで、眼球の運動制御が精密になり、視覚が発達したグループと考えられています。眼窩は、多くの骨からなっている複雑な構造ですので、そのソケット状の眼窩の進化にも、それら骨一つ一つの形態変化がともなっています。私たちは、霊長類の眼窩周辺の骨(内部)構造をコンピューター断層画像法(CT)などを使って比較し、どのように真猿類の眼窩が進化してきたのかを研究しています。そのような研究から、真猿類の進化の道筋がみえてくるかもしれません。

◆チューリヒ大人類学研究所、獨協医科大学等と共同で研究を進めています
■ユーラシアの旧世界ザルの進化
−化石の内部構造による系統分析−

Fossil CT
 
コンピューターで化石の中を見てみよう!
       

現在、サル類は、ユーラシアでは南アジアから東南アジア、日本を含む東アジアの南部にしか生息していませんが、中新世後期から更新世とよばれる時代にはヨーロッパや中央アジア、中国の東北部や韓国、さらにはシベリアにも生息していました。当時は、それらの地域は、現在より温暖・湿潤で、サルが棲める森林が広がっていたのでしょう。旧世界ザルは、大きくコロブス類とオナガザル類に分けられます。現在、ユーラシアのコロブス類は南アジアから中国南部にかけて分布しています。またオナガザル類はニホンザルを含むマカクMacacaのよばれるサルのみです。ユーラシア各地の中新世後期から更新世の地層からは、数多くの霊長類化石が算出していますが、その中には分類群がはっきりしないものや、研究者によって分類が異なるものもあります。従来、化石の分類・系統分析は、表面からうかがい知れる特徴に頼らざるを得ませんでした。貴重な標本です、壊すなんてもってのほかです。最近、CTが比較的手軽に利用できるようになりました。私たちは、CTとコンピュターグラフィック技術で化石の内部構造をモニター上に可視化して、その形態学的特徴を用いて、議論のある霊長類化石の分類の確定に挑んでいます。そのような分類の整理や系統分析により、現生の旧世界ザルがどのようにユーラシアに進出し、そして現在の分布にいたったのかという進化プロセスを知ろうとしています。

 
◆神奈川県立生命の星・地球博物館、パリ国立自然史博物館、リヨン第一大学、リヨン自然史博物館、ロシア科学アカデミー古生物学研究所、中国科学院古脊椎動物・古人類学研究所、ウプサラ大学等と共同で研究を進めています  
     
  page top >>
[ホーム] / [プロフィール] / [研究] / [研究業績] / [連絡先] / [English]
本ホームページ掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2013 Takeshi Nishimura. All right reserved.
ご感想、お問い合わせは、西村剛()まで。