ロゴ  京都大学 霊長類研究所  > 図書室  > お勧めの図書

お勧めの図書

霊長類研究所の所員の推薦する本のリストです。
霊長類や、所員の研究分野に関する、お勧めの本を掲載しています。

番号 著者 書名 出版社 出版年 ISBN 備考
1石川統「DNAから遺伝子へ : 生命の鍵をにぎる巨大分子」(科学のとびら 1)東京化学同人19884807912410 
2板倉昭二「自己の起源 : 比較認知科学からのアプローチ」金子書房19994760825800 
3伊谷純一郎「高崎山のサル(日本動物記 2)」光文社/思索社1954/1971なし(他に講談社文庫 1973 にもあり)
4今西錦司「生物の世界(今西錦司全集 1)」講談社1974なし(他に講談社文庫 1973にもあり)
5榎本知郎「愛の進化 : 人はなぜ恋を楽しむか」(自然誌選書)どうぶつ社19904886222501 
6大石正、小野高明編「光環境と生物の進化(光が拓く生命科学 2)」共立出版20004320055330 
7ヴォークレール・J(鈴木光太郎・小林哲生訳)「動物のこころを探る : かれらはどのように「考える」か 」新曜社19994788506777 
8小川秀司「たちまわるサル:チベットモンキーの社会的知能」生態学ライブラリー京都大学学術出版会19994876983070 
9小田亮「サルのことば : 比較行動学からみた言語の進化」京都大学学術出版会1999487698302X 
10尾本惠市「分子人類学と日本人の起源」(ポピュラーサイエンス)裳華房1996478538638X 
11金沢創「他者の心は存在するか : 「他者」から「私」への進化論」金子書房19994760894055 
12加納隆至「最後の類人猿 : ピグミーチンパンジーの行動と生態」どうぶつ社19864886222250 
13ガルディカス(杉浦秀樹, 斉藤千映美, 長谷川寿一訳)「オランウータンとともに:失われゆくエデンの園から(上・下)」新曜社1999上:4788506815 下:4788506823 
14河合雅雄「森林がサルを生んだ : 原罪の自然誌」平凡社19794582527027(講談社文庫 1985/朝日新聞社 1992にもあり)
15菊間かおる・文 木村しゅうじ・絵「サルのいる森(新日本動物植物えほん)」新日本出版社19894406017755 
16木村資生「生物進化を考える」(岩波新書:新赤版 19)岩波書店19884004300193 
17木村資生編「遺伝学から見た人類の未来」培風館1974456303729X 
18京都大学霊長類研究所編「サル学なんでも小事典:ヒトとは何かを知るために」(講談社ブルーバックス)講談社19924061329189 
19ジェーン・グドール(河合雅雄訳)「森の隣人 : チンパンジーと私」平凡社1973なし(朝日選書563(朝日新聞社)1996にもあり)
20ジェーン・グドール(杉山幸丸, 松沢哲郎 監訳)「野生チンパンジーの世界」ミネルヴァ書房19904623020320 
21久保田競編「『こころ』は体のどこにある?(脳の謎を解く:上)」朝日文庫19954022610743  
22久保田競編「元気な『あたま』をつくりたい!(脳の謎を解く:下)」朝日文庫19954022610751 
23久保田競「手と脳 : 脳の働きを高める手(叢書・脳を考える)」紀伊国屋書店19824314003863 
24ドナルド・R. グリフィン(長野敬・宮木陽子訳)「動物の心」青土社19954791754069 
25E.H.コルバート、M.モラレス(田隅本生監訳)「脊椎動物の進化(原著第4版)」築地書館19944806711136 
26斎藤成也「遺伝子は35億年の夢を見る : バクテリアからヒトの進化まで」大和書房19974479390537 
27佐倉統「進化論の挑戦」(角川選書288)角川書店19974047032883 
28ロバート・M・サポルスキー (中村桂子訳)「ヒトはなぜのぞきたがるのか:行動生物学者が見た人間世界」白揚社19994826900929 
29下條信輔「視覚の冒険 : イリュージョンから認知科学へ」産業図書19954782800916 
30D.C.ジョハンソン、M.A.エディ (渡辺毅訳)「ルーシー : 謎の女性と人類の進化」(自然誌選書)どうぶつ社19864886222285 
31D.C.ジョハンソン、J.シュリーブ (馬場悠男監修、堀内静子訳)「ルーシーの子供たち : 謎の初期人類、ホモ・ハビリスの発見」早川書房19934152078170 
32D.C.ジョハンソン、L.C.ジョハンソン、B.エドガー(馬場悠男訳)「人類の祖先を求めて」(日経サイエンス別冊117)日経サイエンス社19964532511178 
33杉山幸丸「子殺しの行動学」(講談社学術文庫)講談社1993406159057X 
34杉山幸丸編「サルの百科」データハウス1996488718395X 
35杉山幸丸編著「霊長類生態学:環境と行動のダイナミズム」京都大学学術出版会20004876984069 
36鈴木光太郎「動物は世界をどう見るか」新曜社1995478850538X 
37セミー・ゼキ (河内十郎訳)「脳のヴィジョン」医学書院19954260117920 
38ジェームズ・ターナー (斉藤九一訳)「動物への配慮 : ヴィクトリア時代精神における動物・痛み・人間性」法政大学出版局19944588021591 
39ダイアモンド・J(長谷川真理子・長谷川寿一訳)「人間はどこまでチンパンジーか? : 人類進化の栄光と翳り」新曜社19934788504618 
40高畑由起夫・山極寿一編著「ニホンザルの自然社会−エコミュージアムとしての屋久島」京都大学学術出版会2000487698087X 
41高畑 由起夫「性の人類学 : サルとヒトの接点を求めて」世界思想社19944790705102 
42竹下秀子「心とことばの初期発達 : 霊長類の比較行動発達学」東京大学出版会19994130161067 
43イアン・タッターソル (河合信和訳)「化石から知るヒトの進化」三田出版会19984895832325 
44イアン・タッターソル (秋岡史訳)「サルと人の進化論−なぜサルは人にならないか」原書房19994562032472 
45田中伊知郎「『知恵』はどう伝わるか : ニホンザルの親から子へ渡るもの」京都大学学術出版会19994876983062 
46アントニオ・R・ダマシオ(田中光彦訳)「生存する脳 : 心と脳と身体の神秘」講談社2000406210041X 
47ロビン・ダンバー (松浦俊輔, 服部清美訳)「ことばの起源:猿の毛づくろい、人のゴシップ」青土社19984791756681 
48土肥昭夫・岩本俊孝・三浦慎吾・池田啓「哺乳類の生態学」東京大学出版会19974130601679 
49フランス・ドゥ・ヴァール(西田利貞訳)「政治をするサル : チンパンジーの権力と性(西田利貞訳)」どうぶつ社1984488622217X平凡社 , 1994 再版(平凡社ライブラリー)
50フランス・ドゥ・ヴァール(西田利貞・藤井留美訳)「利己的なサル,他人を思いやるサル : モラルはなぜ生まれたのか 」草思社19984794207999 
51フランス・ドゥ・ヴァール著、フランス・ランティング写真(藤井留美訳;監修: 加納隆至)「ヒトに最も近い類人猿ボノボ」TBSブリタニカ20004484003112 
52中川尚史「サルの食卓 : 採食生態学入門」(平凡社・自然叢書)平凡社19944582546234 
53中川尚史「食べる速さの生態学 : サルたちの採食戦略」(生態学ライブラリ)京都大学学術出版会19994876983046 
54中込弥男「遺伝子と遺伝子診断がわかる本」(ひつじ科学ブックス)羊土社19984897064309 
55中込弥男「ヒトの遺伝」(岩波新書:新赤版 431)岩波書店19964004304318 
56スコット・スティードマン文 ; ジェリー・ヤング写真 (徳永優子訳;長瀬健二郎監修)「ふしぎいっぱいサル」ブックローン出版19964892384518 
57西田利貞・伊沢紘生・加納隆至「サルの文化誌」平凡社19914582527116 
58西田利貞「人間性はどこから来たか? : サル学からのアプローチ」京都大学学術出版会19994876980799 
59西田利貞・上原重男(編)>「霊長類学を学ぶ人のために」世界思想社19994790707431 
60和 秀雄「ニホンザル : 性の生理」(自然誌選書)どうぶつ社19824886222056 
61野澤謙「動物集団の遺伝学」名古屋大学出版会19944815802319 
62橋本雅一「世界史の中のマラリア : 一微生物学者の視点から」藤原書店19914938661217 
63長谷川政美「DNAに刻まれたヒトの歴史」岩波書店19914000074040 
64長谷川寿一・長谷川真理子「進化と人間行動」東京大学出版会20004130120328 
65長谷川真理子「進化とはなんだろうか」(岩波ジュニア新書)岩波書店19994005003230 
66馬場悠男編「現代人はどこからきたか」(日経サイエンス別冊108特集人類学)日経サイエンス社1993なし 
67バロン=コーエン・S(長野敬・長畑正道・今野義孝訳)「自閉症とマインド・ブラインドネス」青土社19974791755324 
68バーン・R(小山高正・伊藤紀子訳)「考えるサル : 知能の進化論」大月書店19984272420097 
69ピンカー・S(椋田直子訳)「言語を生みだす本能(上・下)」日本放送出版協会1995上:4140017406 下:4140017414(言語研究への進化心理学的アプローチ。著者は、進化心理学の重要な理論家の一人。)
70ロバート・フォーリー(金井塚務訳)「ホミニッド : ヒトになれなかった人類たち」大月書店19974272440241 
71藤田和生「比較認知科学への招待 : 「こころ」の進化学 : 「こころ」の進化学 」ナカニシヤ出版19984888484376 
72藤永恵 編「遺伝子増幅PCR法 : 基礎と新しい展開」蛋白質・核酸・酵素臨時増刊号共立出版社1990なし 
73ローレンス・プリングル著(田邊治子訳)「動物に権利はあるか」日本放送出版協会19954140802162 
74フロイド・E・ブルーム他著(久保田競 監訳)「神経系の基本地図をたどる(脳の探検 上)」(講談社ブルーバックス)講談社19874061326996 
75フロイド・E・ブルーム他著(久保田競 監訳)「脳から精神と行動を見る(脳の探検 下)」(講談社ブルーバックス)講談社19874061327003 
76ロビン・マランツ・ヘニッグ著(長野敬, 赤松眞紀訳)「ウイルスの反乱」青土社19964791754301 
77正高信男「ことばの誕生 : 行動学からみた言語起源論」紀伊国屋書店19914314005696 
78正高信男 編著「ニホンザルの心を探る」(朝日選書)朝日新聞社19924022595620 
79マックグルー・W・C (足立薫, 鈴木滋訳)「文化の起源をさぐる : チンパンジーの物質文化」中山書店19964521010016 
80松沢哲郎「チンパンジーはちんぱんじん : アイとアフリカのなかまたち」(岩波ジュニア新書)岩波書店19954005002587 
81松沢哲郎「チンパンジーの心」岩波現代文庫岩波書店20004006000219 
82松沢哲郎「チンパンジーから見た世界」東京大学出版会19914130130730 
83松波謙一「運動と脳 : 脳は体の動きを自在に操る」(叢書・脳を考える)紀伊国屋書店19864314004576 
84松村道一「ニューロサイエンス入門」サイエンス社19954781907830 
85三上章允 編「視覚の進化と脳」朝倉書店19934254101201 
86三上章允「脳はどこまでわかったか」(講談社現代新書)講談社19914061490591 
87三上章允 他著「五感を遊ぶ : 感性のドラマが始まる」メトロポリタン出版2000443400235X 
88三戸幸久・渡邊邦夫「人とサルの社会史」東海大学出版会1999448601426X 
89デズモンド・モリス (日高敏隆訳)「裸のサル : 動物学的人間像」河出書房新社1969430925022X1979年角川文庫 角川書店1999年改版
90山極寿一・文 伏原納知子・絵「おはようちびっこゴリラ」新日本出版社19884406015841 
91ロジャー・ルイン (斎藤成也監訳)「DNAから見た生物進化」(日経サイエンス別冊122)日経サイエンス社19984532511224 
92鷲谷いずみ・矢原徹一「保全生態学入門 : 遺伝子から景観まで : 生物多様性を守るために」文一総合出版1996482993039X 
93渡邊邦夫「ニホンザルによる農作物被害と保護管理」東海大学出版会20004486015290 
94渡辺茂 編「心の比較認知科学」ミネルヴァ書房20004623031799 
95渡辺茂「認知の起源をさぐる」(岩波科学ライブラリー)岩波書店19954000065211 
96V・S・ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー著(山下篤子訳)「脳のなかの幽霊」角川書店19994047913200 

△このページのトップへ戻る