ENGLISH 京都大学
125周年
所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
お薦めの図書 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 行動解析用データセット 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ


2021/1/14 緊急事態宣言発令下での新型コロナウイルス感染症防止対策について


論文

2021.02.05 論文 優位な猿は多くの「暖」を得ることを解明 −ニホンザルのオスにおける優劣順位に応じた猿団子内位置および接触個体数−

2021.02.01 論文 夜間視力上昇をもたらす視細胞内微小レンズをヨザルは15 My以内の期間で獲得した(田辺秀之,古賀章彦,ほか)

2021.02.01 論文 T. Miyabe-Nishiwaki, A. Kaneko, A. Yamanaka, et al. : Propofol infusions using a human target controlled infusion (TCI) pump in chimpanzees (Pan troglodytes)

2021.01.28 論文 西村剛,兼子明久,森太志,松澤照男:サル類等の鼻腔内温度と湿度の数値シミュレーションモデルの開発

2021.01.22 論文 Catia Correia-Caeiro, Kathryn Holmes, Takako Miyabe-Nishiwaki: ニホンザルの表情を客観的に測定するためのMaqFACS拡張ツールの開発

2021.01.14 論文 稲葉明彦, 熊木竣佑, 有永理峰, 田中啓介, 粟飯原永太郎, 山根拓実, 大石祐一, 今井啓雄, 岩槻健: 非ヒト霊長類オルガノイドからの消化管化学受容細胞の作出

2020.10.26 論文 川口ゆり,中村航洋,友永雅己:チンパンジーはおとなと乳児の顔の弁別に形態特徴よりも色特徴を利用する

2020.10.16 論文 Keiko Mouri, Keiko Shimizu: チンパンジー(Pantroglodytes)尿生殖ホルモンのろ紙上保存の安定性

2020.09.24 論文 Matsuda I, Stark DJ, Ramirez Saldivar DA, Tuuga A, Nathan SKSS, Goossens B, van Schaik CP, Koda H: テングザルは鼻が武器?-大きくて強い雄は犬歯が小さい-

2020.09.03 論文 Yamazaki A, Nakamura T, Miyabe-Nishiwaki T, Hirata A, Inoue R, Kobayashi K, Miyazaki Y, Hamasaki Y, Ishigami A, Nagata N, Kaneko A, Koizumi M, Ohta H, Okano HJ, Murata T.: マーモセット消耗症候群における尿中脂質代謝産物の産生プロファイル


イベント

2021.02.19 第2回遺伝子導入技術の利用による霊長類脳機能操作とイメージング研究会をオンライン開催します 2月27日開催

2021.02.04 第2回技術部セミナーをオンライン開催します 3月4日開催

2021.01.14 若手基礎科学研究者のためのニホンザル被害現場体験セミナー 開催を取りやめました


新着情報

2021.01.28 「ザッツ・京大」イグ・ノーベル賞研究者の音声教室 〜言葉と「コミュ力」まで〜

2021.01.22 AIによるマカクサルのマーカーレスモーションキャプチャーのための大規模な訓練/評価データセット'MacaquePose'を公開しました

2021.01.15 JSTサイエンスポータル「ワニの発声原理を解明しイグノーベル賞!〜遊び心と人のつながりが新発見に〜」

2021.01.05 スミソニアンマガジンで日本の霊長類学に関する記事が上がりました


論文のGraphic abstract

過去に掲載された内容一覧