ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Males with a mother living in their group
have higher paternity success in bonobos but not chimpanzees
Surbeck M, Boesch C, Crockford C, Tompson ME, Furuichi T, Fruth B, Hohmann G, Ishizuka S, Machanda Z, Muller MN, Pusey A, Sakamaki T, Tokuyama, N, Walker K, Wrangham R, Wroblewski E, ZZuberbuhler K, Vigilant L, Langergraber K
概要

ボノボでは、順位の高いメスの息子が第1位のオスになることが多く、また母親がいるところではより多く交尾の機会を得ていることが知られていました。この論文では、ボノボの4つのグループとチンパンジーの7つのグループの合計302頭の子供の父親をDNA鑑定し、ボノボでは母親が集団内にいるときのオスがより高い繁殖成功を収めているのに対し、チンパンジーではそういった傾向は見られていないことを示し、これまで行動観察によって指摘されてきたボノボの母親の息子に対する影響の強さをサポートする結果となりました。
書誌情報

Current Biology 29: PR354-355
https://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(19)30338-0
2019/06/10 Primate Research Institute