ENGLISH 京都大学
125周年
所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
お薦めの図書 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 行動解析用データセット 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

ゲノム編集アカゲザルiPS細胞に由来するHIV感受性マクロファージ:ヒト疾患への応用技術の創出
Iwamoto Y, Seki Y, Taya K, Tanaka M, Iriguchi S, Miyake Y, Nakayama EE, Miura T, Shioda T, Akari H, Takaori-Kondo A, Kaneko S
概要

アカゲザルiPS細胞から造血幹細胞を経てリンパ球、マクロファージへの分化誘導を可能とする新たな手法を確立した。次にゲノム編集技術により、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染抵抗性因子であるTRIM5αの機能欠損変異をサルiPS細胞へ導入した。アカゲザル細胞はTRIM5αにより本来HIVに抵抗性を示すが、このΔTRIM5-iPS細胞に由来するマクロファージはHIV抵抗性を失い、そのためHIV増殖を許容した。本研究で確立したアカゲザル細胞のリプログラミング法、ゲノム編集技術、造血系への分化誘導に関する集約的技術は、霊長類モデルによるヒト疾患への新たな遺伝子治療法開発に向け意義深いものと考えられる。

Differentiation of Rh-iPSCs into HPCs. (A) Schematic illustration showing Rh-iPSC differentiation to HPCs. (B) Phase contrast images of Sac differentiation on days 0, 4, 8, and 14. Scale bars, 200 mm. (C) Flow cytometric analysis of the HPC phenotypes 14 days after starting the differentiation. Upper panels, unstained cells; lower panels, stained cells. (D) Dot plots show the differentiation efficiency into CD34+ cells of three Rh-iPSC clones with or without BMP4. *p < 0.05; **p < 0.01. (E) Bar graph displaying the number of colony-forming units. Data are plotted as the mean ± SD of triplicate samples. The microscopic images show colony morphology (upper panels) and cytospins (lower panels). G, granulocytes; M, macrophages; GM, granulocytes/macrophages; E, erythroid. Scale bars, 100 mm (top) and 50 mm (bottom).
書誌情報
Molecular Therapy: Methods & Clinical Development 21, 262-273, 2021
DOI: https://doi.org/10.1016/j.omtm.2021.03.008.
2021/03/30 Primate Research Institute