ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

GAIN(大型類人猿情報ネットワーク)

 

 GAIN(ゲイン、と発音する)は、「大型類人猿情報ネットワーク」を意味する英文の頭文字で、チンパンジーとゴリラとオランウータンについて、日本国内の飼育個体の情報を収集し、データベース化し、一般に開示して、学術研究の推進に供する事業である。文部科学省の研究開発施設共用等促進費補助金(ナショナルバイオリソースプロジェクト)の支援を受けている。国立遺伝学研究所の主宰する「情報発信体制の整備とプロジェクトの総合的推進」の下部課題としての、「大型類人猿情報ネットワークの活動」と位置づけられている。

事業の目的と概要

 人間の本性を理解するうえで大型類人猿の研究は極めて重要である。なぜなら、生物学上も法令上も、ヒト科は現在4属に分類(ヒト科ヒト属、ヒト科チンパンジー属、ヒト科ゴリラ属、ヒト科オランウータン属)に分類されており、ヒトを知るには、他のヒト科3属の理解が必須だからである。

 一方、周知の事実として、彼らは絶滅危惧種でもある。国際的な商取引は禁止されている。血液等のサンプルの移動も困難だ。したがって、研究材料の確保・入手という点では他のモデル生物とまったく異なる状況がある。本事業の前身であるナシャナルバイオリソース(NBRP)受託研究事業で、2002年度(平成14年度)から、わが国が保有する大型類人の情報データベースを整備してきた。その結果として、死体由来・生体由来(非侵襲)資料の有効利用をはかるとともに、飼育施設と研究者をむすぶネットワークの形成をおこなった。

 今後は、このネットワーク形成をさらに推進し、情報データベースの構築 > 資料配布 > 研究成果還元 > システム改善 という循環・持続型の体制を確立する必要がある。新規事業として、個体ごとのDNA情報・行動情報についても整備をすすめつつある。それらを順次公表し、個体群・家系・個体・DNA・研究成果・研究ユーザーデータベースを整えるとともに、その国際化をはかる。

 GAINが構築した大型類人猿情報データベースは下記のサイトで公開されている。
http://www.shigen.nig.ac.jp/gain/index.jsp

2011年度は京都大学霊長類研究所と野生動物研究センターを核に10機関35人でGAINの事業を推進します。 2011年度メンバー

 

クリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年度のGAINメンバー

氏名 所属 実施内容
松沢哲郎 京都大学霊長類研究所 事業代表
伊谷原一 京都大学野生動物研究センター 事業副代表
今井啓雄 京都大学霊長類研究所 研究者情報の整備・総括
岡本宗裕 京都大学霊長類研究所 個体健康情報の収集
西村剛 京都大学霊長類研究所 形態データの収集
藤澤道子 京都大学野生動物研究センター 加齢データの収集
森村成樹 京都大学野生動物研究センター 個体群動態の予測
平井啓久 京都大学霊長類研究所 ゲノムデータベース作成
村山美穂 京都大学野生動物研究センター ゲノムデータベース作成
郷康広 京都大学霊長類研究所 ゲノムデータの収集・整備
幸島司郎 京都大学野生動物研究センター 個体情報の収集
廣澤麻里 京都大学野生動物研究センター 個体情報の収集
野上悦子 京都大学野生動物研究センター 個体情報の収集
斎藤亜矢 京都大学野生動物研究センター 個体情報の収集
友永雅己 京都大学霊長類研究所 行動データベースの整備
平田聡 京都大学霊長類研究所 国際化の推進
落合知美 京都大学霊長類研究所 情報収集・整備・発信
打越万喜子 京都大学霊長類研究所 情報収集・整備・発信
吉川泰弘 北里大学獣医学部 GAIN運営にかんする協力など
長谷川寿一 東京大学総合文化研究科 GAIN運営にかんする協力など
柳井徳磨 岐阜大学応用生物学部 GAIN運営にかんする協力など
颯田葉子 総合研究大学院大学先導科学研究科 GAIN運営にかんする協力など
宇根有美 麻布大学獣医学部 GAIN運営にかんする協力など
鵜殿俊史 (株)三和化学研究所 GAIN運営にかんする協力など
黒鳥英俊 恩賜上野動物園 GAIN運営にかんする協力など
坂本英房 京都市動物園 GAIN運営にかんする協力など
伯川美穂 京都大学霊長類研究所 GAIN運営にかんする協力など
柴田千賀子 札幌市円山動物園 GAIN運営にかんする協力など
高江洲昇 札幌市円山動物園 GAIN運営にかんする協力など
鈴木樹理 京都大学霊長類研究所 GAIN運営にかんする助言を委員会への参加などでおこなう
田中正之 京都大学野生動物研究センター GAIN運営にかんする助言を委員会への参加などでおこなう
林美里 京都大学霊長類研究所 GAIN運営にかんする助言を委員会への参加などでおこなう
平崎鋭矢 京都大学霊長類研究所 GAIN運営にかんする助言を委員会への参加などでおこなう
早川敏之 京都大学霊長類研究所 GAIN運営にかんする助言を委員会への参加などでおこなう
足立幾磨 京都大学霊長類研究所 GAIN運営にかんする助言を委員会への参加などでおこなう

戻る