研究資金Grants

今年度実施している研究課題です

日本医療研究開発機構 脳と心の研究課
革新技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト/中村克樹

「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」(Brain/MINDS) に参加しています。
「体格の良いマーモセットの飼育法の確立と個体の供給」(研究開発代表者:中村克樹) 飼育環境や栄養管理・健康管理を含めたコモンマーモセットの飼育法を検討します。また、参画研究者に対する個体の供給をおこないます。
「新規ウイルスベクターシステムを用いた霊長類脳への遺伝子導入技術に関する研究開発」(研究開発代表者:高田昌彦) 霊長類脳において神経回路選択的な活動操作・活動イメージング、高感度逆行性あるいは順行性トレーシングをより効果的かつ安定的に遂行するための先端技術の確立を目指します。中村は行動評価法の開発と遺伝子改変モデルへの応用を担当します。

日本学術振興会 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)/中村克樹

「霊長類での神経賦活マンガン造影MRI法の確立および社会行動神経ネットワークの解明」(研究代表者 中村克樹)を実施しています。
近年、ヒトの精神疾患のモデル動物として非常に注目されているマーモセットの行動を評価したり、脳機能を測定する方法はまだ発展途上にあります。本研究では、MRI装置を用いて自由に行動しているマーモセットの神経活動を全脳で可視化する撮像方法を確立することを目指します。

文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A)/中村克樹

「遺伝子改変を用いないサル精神疾患モデルの作出と脳機能異常の解明」(研究代表者:中村克樹)を実施しています。
統合失調症などの精神疾患は、その原因も治療法も見つかっていません。私たちは、周産期の環境がその大きな原因だと考え、サルを対象として精神疾患モデルの開発を進めます。ヒトと似た脳構造を有するサルを用いた精神疾患モデルができれば、精神疾患の原因究明や治療法開発の研究が飛躍的に進められます。

日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) /宮地重弘

両手の協調運動の基盤となるサル運動関連皮質領野の半球間神経連絡の解析(研究代表者 宮地重弘)を実施しています。
私たちは日常生活の中で、しばしば左右の手を協調させて使います。例えば、左手で持った茶碗から右手の箸でご飯を食べるとき、瓶のふたを開けるときなど、両手の動きのタイミングを合わせたり、力をバランスさせることがとても重要です。 一般に、右の脳は体の左側、左の脳は体の右側の運動を制御しますが、両手の協調は、脳のどのような回路によって制御されるのでしょうか。その疑問に答えるため、ヒトと同じように両手を器用に使い、脳の構造もヒトに近いサルを対象として、運動関連皮質の左右の半球間の神経連絡を調べます。

日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) /脇田真清

「早期教育のブローカ野における音楽・行為表象への影響:子どもピアニストのブローカ野」(研究代表者 脇田真清)を実施しています。
ブローカ野はミラーシステムの一つとして,観察する行為の理解や実行に関わります。しかし,この領野には熟練した行為しか表現されません。ところが、年齢が低く長い訓練を経験していないのに,卓越したピアノ演奏のできる子どもがいます。本研究では、彼らのブローカ野で演奏行為がどのように表現されているのかを調べ、ブローカ野のドメイン普遍的なはたらきの観点から、行為表象と言語・音楽表象の形成との関連を明らかにします。

日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究/鴻池菜保

「神経炎症に起因する統合失調症霊長類モデルの妥当性評価および画像マーカーの確立」(研究代表者 鴻池菜保)を実施しています。
精神疾患の病態の解明や新しい治療法の開発には動物モデルが必須です。この課題では、現在開発中の神経炎症をもとにした霊長類モデルを用いて、行動の定量化や脳波の計測によってヒトの統合失調症症状の再現を試みます。また、統合失調症の早期発見や診断に役立つMRI画像異常を探り、画像マーカーの確立を目指します。

バナースペース

京都大学霊長類研究所
神経科学研究部門
高次脳機能分野