ホーム > 研究メンバー > 杉山宗太郎

研究メンバー

杉山 宗太郎

アカゲザルにおける季節性の精巣発達と味覚受容体の関係

ゲノム進化分科D1

杉山 宗太郎SUGIYAMA, Sotaro

Tel:0568-63-0355 E-mail:sugiyama.soutarou.27x@st.kyoto-u.ac.jp

関心と研究テーマ

アカゲザルにおける季節性の精巣発達と繁殖について関心を持っています。アカゲザルやニホンザルなどの一部のマカク類は季節性の精子形成が見られますが、その詳細なメカニズムは不明です。一方で、マウス精巣内の生殖細胞においていくつかの味覚受容体が発現していることが分かっています。精巣内での機能については未知ですが、味覚受容体を発現した細胞を除いたマウスは精子細胞がほとんど見られず不妊になるため、味覚受容体は精子形成に関与していると考えられています。生殖細胞における味覚シグナル関連分子の発現の確認や詳細な精子形成の季節変動プロファイリングの作成などにより、アカゲザルの季節性の精巣発達と味覚受容体の関係を解明したいと考えています。

略歴

2015年3月 静岡市立高校 卒業
2015年4月 横浜国立大学 理工学部 化学・生命系学科 入学
2019年3月 同上 卒業
2019年4月 京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 霊長類学・野生動物系 修士課程 入学

発表(日本語)

ページトップへ